ホール・ニューワールドの意味や日本語は?アラジン映画の曲!

公開日:更新日: コメントなし

ディズニー不朽の名作アニメーションを実写化した映画「アラジン」が大ヒットを記録しています!

「金曜ロードSHOW!」(日本テレビ系)においてアニメーション版・アラジン(1992)も放映されましたし、感動冷めやらぬ状態で映画館へ足を運ぼうとしている方も多いのではないでしょうか?

それにしてもアラジンがディズニー映画最高傑作とも称される背景には、劇中に流れる歌「ホール・ニュー・ワールド」の貢献が相当あるものと推察します。

やはり最高の映画に最高の音楽は不可欠ですよね!

とうことで今回の記事では「ホール・ニュー・ワールド」の概要に触れつつ、そもそもタイトルがどういった意味を持つのかに関しても解説したいと思います。



名曲中の名曲「ホール・ニュー・ワールド」

今も人々の心をとらえ続けるアニメーション版・アラジンの音楽は、アラン・メンケンと彼の盟友だった天才作詞家ハワード・アシュマン、そしてアシュマンの遺志を継いで制作に参加したミュージカル界の大御所ティム・ライスの3人によって製作されました。

その中でも絶大な人気を誇るのが、今回ピックアップしている「ホール・ニュー・ワールド」というわけですね。

同曲はアラジンとジャスミンが魔法のじゅうたんに乗って大空を駆けめぐる、映画の象徴的なシーンで流れることも相まって「名曲中の名曲」としてしられています。

アカデミー主題歌賞のみならず、グラミー賞の主要部門である最優秀楽曲賞を受賞したのは、数あるディズニーソングの中でもこの1曲だけというのですから、楽曲自体の素晴らしさもうかがい知れるというものです。

アラジンを観ていなくても、この曲だけは耳にしたことがあるという方がほとんどでしょう。

スポンサーリンク?

「ホール・ニュー・ワールド」の意味は?

ホール・ニュー・ワールドは英語にすれば「A Whole New World」と表記します。

New Worldが新しい世界を意味することは多くの方が理解するところでしょうし、実際に邦題として「新しい世界」とのタイトルが用いられるケースも目立ちます。

もちろん大まかな意味はこちらで相違ないのですが、「Wholeはどこにいったのか?」という疑問は残りますね(笑)

端的にいうと、Wholeは「全体の・すべての・完全な・そっくりそのままの」等の意味を持つ英単語です。

もう少しニュアンスを重視すれば「少しも欠けることなく全部の」といった感じになるでしょう。

包括的な意味を含んでいるということですね。

よって「A Whole New World」をそのまま日本語に言い換えるなら、「すべてが新しい世界」となります。

そこにアラジンとジャスミンが世界中を見て回るシーンで流れるという映画的な背景を加えると、「見たこともないような世界」という意訳ができるかもしれませんね!

またロマンチックな2人の様子を鑑みるに、日本語の歌などにもよく「あなたに出会って、世界が一変した」といった表現が使われますが、これに近いニュアンスなんだろうな…とも読み取れます。

いずれにせよメロディだけでなく、タイトル自体にも素敵な意味が込められているわけですね^^

スポンサーリンク?