身に覚えのない「0669206390」という番号から突然電話が入ったとの報告が相次いでいます。

実際、私の知人のところにも入電があったというのですから、結構な数の方が遭遇していると思うんですよね。

市外局番を見る限りでは大阪の番号のようですが、誰が・何の目的で連絡してきているのでしょうか?



電話の相手は不動産関係の企業だった!

調べたところ、問題の電話番号は大阪市中央区に本社を置く「株式会社 プレサンスコーポレーション」のものであると判明しました。

どうやら新築マンションの分譲やマンション・土地の売買及び仲介を手掛ける不動産関係メインの企業みたいですね。

同社について更に調べを進めたところ、「金のためには手段を選ばない、とんでもない経営体質」「悪質な詐欺まがいの行為に手を染めている会社」といった声が多数見受けられ、余り評判は良くなさそうだな…と感じました;

加えて「電話勧誘を主とした営業を行っており、とにかく電話を掛けまくってくる」「電話口での話の進め方が非常に強引。威圧感を覚え、困惑する人たちも出ている」などなど、やはり電話に絡んだ報告も目に付きましたね。

スポンサーリンク?

トラブルに巻き込まれる可能性は?

そんなわけで、ネット上では「0669206390は迷惑電話である」と断定している方も少なくないのですが、強引なやり口でアプローチしてくるとはいっても、「プレサンスコーポレーション=完全なる詐欺企業」というわけではありません。

実際に電話を受けると資産運用の話が始まり、いわゆる「不動産営業」を仕掛けられるのですが、はっきり拒絶の姿勢を示せば良くも悪くもすぐに電話が切られ、「脈ナシ」と判断した相手には再度の連絡も寄こさない様子です。

ということで、一旦電話を受けてしまったor完全に着信を無視している…からといってトラブルに直結するわけではありませんから、そこはご安心を。

放っておくと続けざまに入電があるケースも確認されていますが、着信拒否してしまえばOKです。

とはいえプレサンスコーポレーション側は「どこで自分の電話番号や個人情報を入手したのか?」との問いには答えを濁すそうで、このような電話が入った時点で「個人情報流出の可能性はゼロではない」と言わざるを得ません。

東証一部上場企業でもある同社が悪質な手口で個人情報を手に入れている可能性は低いでしょうが、これを機会として、今一度「個人情報管理の重要性」について考えてみるのも良さそうです。

また、必要以上に自身の電話番号等を晒すのは論外ですが、おかしな電話を受けた場合にはっきりと断ることができず、曖昧な態度を取ってしまうことも重大なトラブルの元となりますから、不審な相手からの誘いには「NO」と言える勇気も持ち合わせておきたいですよね^^

スポンサーリンク?