「050」で始まる電話番号から、いきなり着信があったという話をよく聞きます。

ほとんどの場合は発信元に心当たりがなく、すぐに折り返すこともためらわれ、「とりあえず、050ってどこの市外局番だっけ…?」と考える方が多いようですね。

実際のところ050の電話がどちらの地域から発信されているのか解説しつつ、その概要についてまとめたいと思います。



050は市外局番ではない!?

結論から申し上げますと、「050」という番号は市外局番ではありません。

「電話番号の最初にくる3ケタだから、市外局番だろう」と勘違いしてしまいがちですが、050に関しては、地理的番号ではないということですね。

それでは050という番号から場所ではなく何が分かるかというと、発信元の電話が「IP(アイピー)電話」であることを示しています。

IP電話とは「IP(Internet Protocol・インターネットプロトコル)」という通信方式を利用した電話サービスのことで、インターネットに接続して音声を届ける通話方法ですね。

従来の電話回線に比べて通話料が圧倒的に安いことが特徴で、最近ではビジネスシーンにおける活用も進んでいます。

IP電話は、NTTの「ひかり電話」などをはじめとする電話番号が割り当てられるタイプと、LINEやスカイプといった電話番号不要型に大別されるのですが、前者の場合に050から始まる11ケタの電話番号が付与されるというわけです。

スポンサーリンク?

IP電話は悪用されやすい…?

IP電話は通話料の安さに加え、アプリなどを通じて050の電話番号を手軽に取得できるため、サブ番号として利用されるケースも少なくありません。

またここまで解説したように、電話番号から発信する端末や場所の特定ができないという特徴もありますね…。

要は気軽に取得・利用できて足が付きづらいということで、詐欺行為を行うには打ってつけのサービスというわけです;

実際、050の番号が悪用されるケースは後を絶たちません。

もちろん050=必ず詐欺電話と断定することはできないのですが、可能性としては高いため、心当たりがないのにすぐ折り返すことは避けましょう。

ワン切りの場合などは、特に怪しいですね。

掛け直すと、架空請求といったトラブルに巻き込まれることも考えられます。

また不動産投資等の執拗な勧誘を受けるケースもあるようです。

それゆえ発信元不明の050で始まる着信があれば、まずはネット等で情報収集されることをお勧めしますね。

詐欺の口コミが多い番号等、割と具体的な情報が共有されていることも多いですから、相手の特定につながるかもしれません。

怪しい発信元から繰り返し入電があって困るという場合には、サクッと着信拒否してしまうのも一案でしょう。

とりあえず、「050から始まる謎の着信=詐欺の可能性あり」ということは念頭に置いておいたほうが良さそうです。

+247(アセンション島からの電話着信)は何者?目的は詐欺?
ここのところ、「+247」で始まる番号からいきなり電話が掛かってきたとの報告をよく見掛けます。馴染みのない番号ですが、相手はいったい何者なのでしょう?入電した際...

スポンサーリンク?