「ヤマサ 昆布ぽん酢」の新TV CM「プライベートキッチン」篇を見ると、自然と楽しい気持ちになってきます。

いや~、こういう突き抜けた明るさを表現するときの草彅 剛さんの演技は、まさに一級品ですね!

非常にコミカルで、つい目を奪われてしまいます。

と同時に、今回のCMはBGMも良いんですよ^^

軽快なリズムとメロディが、美味しい料理を前にウキウキする心情を表しているかのようです。

加えて何となく骨太で男臭い雰囲気もあり、CMの構成や草彅さんのイメージともぴったりマッチしていると感じますね。

CMを目にするうちにBGMの詳細も知りたくなってきたので、リサーチを進めました。



曲を手掛けたのは「ミキクワカド」!

Twitterをチェックしてみると、今回のCM曲を手掛けたご本人による投稿を発見することができましたよ^^

作詞作曲・歌唱までを一気に手掛けたのは、ミキクワカドさんというアーティストの方のようです。

ミキクワカドさんは「京都は上京区、室町通り、武者小路を下がったところ、アパートディスコ室町の420号室からやってきたファンキーでグルーヴィな男たち。」とのフレーズを引っ提げて活動する京都の6人組ファンクバンド「踊る!ディスコ室町」のボーカルを務める人物です。

CMでベースを担当しているのは、同じバンドのメンバーであるラ・マルオカさんということも併せて判明しました。

CM曲の気になる歌詞は「GOOD FOODS give us GOOD LIFE.You know,“YUMMY”is justice!
最高のたべものが、豊かな人生と命を与えてくれる。やっぱ『おいしい』は正義でしょ?」といった仕上がりになっているそうです。

「TVCMの曲を担当した」「15秒にわたくし節を詰め込んだ」との記述から、おそらくはCM用に仕上げたオリジナル・ソングですかね。

いろいろと調べてみても、曲名への言及はなく、あくまでも「ヤマサ昆布ぽん酢・CMソング」的な扱いかと感じました。

スポンサーリンク?

草彅 剛の復帰にファンは歓喜!

なお、昆布ぽん酢は今年発売20周年を迎える商品で、そのCMに当初から登場していたのが、他ならぬ草彅さんでした。

しかしながら、SMAP解散のタイミングで一旦CM放送が終了してしまい、ファンの間では落胆の声が広がっていたんですよね。

それが20周年という節目においての「草彅 剛・電撃復帰」となったわけですから、多くの視聴者から喜びの声が上がっています。

SNSは「やっぱり昆布ぽん酢のCMは草彅くんでなくちゃ!」「ヤマサさん、素敵な対応を本当にありがとう。これからもずっと昆布ぽん酢を買い続けます」といった言葉で溢れており、関連のメッセージを眺めているだけでも、何だか心が温かくなりましたよ^^

そんなCMに更なる彩りを添えているのがミキクワカドさんの音楽で、とにかくハッピーな仕上がりの素敵な広告だと感じましたね。

スポンサーリンク?