ワンダフルワンダが泡立たない?口コミや感想も調査!

公開日:更新日: コメントなし

ここのところ「泡」に着目した飲料が多いとは感じていたのですが、流れはついにコーヒー界にまで波及したようですね。

アサヒ飲料のコーヒー「ワンダ」ブランドから、泡まで楽しむPETコーヒー「ワンダフルワンダ」シリーズの展開が発表されました!

神木 隆之介さんと川栄 李奈さんが出演するCMも、お目見えしています。

WONDA ワンダフルワンダ 「泡コーヒー篇」のCM動画はコチラ

画面上にて確認できる泡は見るからにクリーミーで、興味をそそられますよね^^

しかし今、こちらの製品を試した方たちから「CMのような泡が立たない!」との報告が相次いでいるようなんです!

CMの泡は演出の一環で、実際のところは同じように楽しむことができないのでしょうか?



容器を振ると泡が立つ…?

泡立つシリーズの第一弾としてすでに発売されている「ワンダフルワンダ ブラック」は、そのまま飲んでもおいしいことはもちろん、振るほどに生まれるきめ細かい泡によって更になめらかな味わいが楽しめる商品といいます。

開栓前から振ることができるように、容器内の空寸(容器の満量面から内在している液面までの深さ)を従来のPETコーヒーより広く取った設計が採用されており、開栓直後から口当たりの良い泡が実現するそうですね。

加えて、くびれのある容器は「振りやすさ」を意識しているといい、何といっても同商品のウリは「起泡性」にある点が伺えます。

とりあえず、「振らないと泡は立たない」ことは確かのようですね。

スポンサーリンク?

泡を楽しむまでの幾つかの障害

さてSNS等をチェックする限り、ワンダフルワンダ ブラックへの苦言は3点に集約されると考えます。

まずは、「そもそも泡が立ちづらい」ということ。

相当振らないとCMのような泡は立たないため飲む前に疲れてしまう、いやいや幾ら振ってもCMレベルの泡は作れないといった意見が散見されましたよ;

次に、「泡は立ったが口に入らない」という報告です。

何とか理想どおりの泡を仕立てても、容器の口の部分に引っ掛かってうまく出てこない、飲む際に傾けると泡が底の方へ逃げてしまう等の投稿が目立ちました。

最後に、「泡が大して美味しくない」との致命的なクレームです。

起泡性を推す余りに泡自体の風味が疎かになっている、まずコーヒーとして味が良いと思えないといった手厳しい指摘が多かったですね…。

ただ「自分にはハマった。リピートしたい」「話のネタにとりあえず飲んでみると良い」といった好意的な声もありましたから、気になる方はやはり自らの口で試してみることが一番でしょう。

ちなみに5月14日には、同シリーズの第二弾となる「ワンダフルワンダ ラテ」の発売も控えています。

何となくですが、ブラックよりはラテの方が泡との親和性が高い気もするので、今回はダメだったという方も次回作でリベンジしてみると良いかもしれません。

スポンサーリンク?