任期満了に伴う福島県いわき市長選は9月3日告示・10日投開票で行われます。9月1日の時点で3人が出馬表明していますが、その中の一人、宇佐美登氏(50)に関してさまざまな情報が出ています。話題の娘や給料未払いなどがウワサされています。 




宇佐美候補の奔放?すぎる娘の存在とは

選挙戦には、「紙爆弾」と呼ばれる対立候補運営側から誹謗中傷の類のビラがまかれることがあります。非常に古典的な手法ですが、現代は電子戦に戦法がシフトしています。ネットを使った情報戦ともいうべきでしょうか。

宇佐美氏の娘について、ある情報が飛び交っています。東京に比べて人口の少ないいわき市ですから、なにかあればすぐに話題になってしまうことも考えられます。

宇佐美氏は妻子とともに、いわき市に在住しています。これには意外な気もしました。宇佐美氏は東京都大田区出身です。公職選挙法では、市長選の候補者の居住実態は関係ないからです。沖縄だろうが、北海道だろうが、どこでもいいわけです。

2014年に行われた出直し大阪市長選では、橋下徹氏を含めた全4人の候補者全てが大阪市以外の居住者でした。ただし、市町村議員選挙の候補者は連続して3カ月以上、立候補する地域に居住実績がないといけません。

 

その宇佐美氏ですが、実は2012年の衆院選福島5区(いわき市、双葉郡)で出馬したときにも、娘の情報が出てきました。当時、高校生だった宇佐美氏の娘が飲酒をにおわせるSNSでの書き込みで、2ちゃんねるを沸かせませした。

 

次に出てきた情報が、給料の未払いの件です。こちらも一部ネット上で流れている情報です。しかし、その詳細については不確定要素が多すぎて、実体の把握に至っていません。元衆院議員ですので、お金の管理には厳密でしょう。

当然、選挙ブレーンもいることですから、しっかりやっているのではないでしょうか。宇佐美陣営で不満を持って辞めたスタッフ、選挙中の対立候補陣営が流したデマなども考えられます。この件に関しては、今後も注意深く監視していきます。

スポンサーリンク?

宇佐美登氏はどういう人。評判や経歴は?

現在、いわき市長選の候補者3人中、地元出身でないのが宇佐美氏です。父親はいわき市出身ですが、本人は東京都大田区の都会出身です。「外様」「アウエー」という感じです。

じゃあなぜ、いわき市の市長選に立候補したのでしょうか?

理由は2つあります。父親の聖(さとし)さんの出身地がいわき市で、本人は2011年の東日本大震災のとき、いわき市でボランティア活動をしているからです。そんなこともあって、2012年に政治活動の拠点を同市に移しています。

 

宇佐美登(50=ウサミ・ノボル)

(画像引用:https://twitter.com/noboruusami)

▽プロフィール
生年月日:1967年2月16日  
出身地:東京都大田区
出身校:早稲田大学理工学部機械工学科
職歴:元衆院議員=2期、東日本国大大学客員教授
党派:無所属

 

宇佐美氏は2003年の衆院選の比例代表で7年ぶりの国政復帰を果たしました。しかし、2005年衆院選、2007年東京都大田区長選、2009年衆院選、2012年衆院選、2013年いわき市長選で連続して落選しています。

そんな宇佐美氏については、「この人、あっちこっちで見かけるけど、本当に大丈夫?」という声もネット上で伝わっています。

今回のいわき市長選は、今のところ「現職」VS「元市長」VS「新人(宇佐美氏)」という争いの構図になっています。9月10日の投開票で市民がどんな決断を下すのか興味深く見守っていきます。

いわき市長選挙2017結果速報!選挙日や立候補者、情勢予想も紹介

スポンサーリンク?