4月25日、日本スケート連盟の表彰式が都内で行われ、スピードスケートの女子1500メートルで世界新記録を樹立した高木 美帆選手と、フィギュアスケートのグランプリファイナル、男子シングルで銀メダルを獲得した宇野 昌磨選手が、最優秀選手賞にあたるJOC杯を受賞しました。

大変喜ばしいニュースではあるのですが、一部のファンからは「宇野選手の受賞には納得がいかない」「もっと他に、最優秀としてふさわしい選手がいたのでは?」といった不満の声が、少なからず上がっているようです。

実際これほど異論が出る状況の中で、宇野選手が最優秀選手賞に輝いた理由はなんなのでしょう。

詳細を追いました。



具体的な選考理由とは!?

(画像引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/宇野昌磨)

リサーチの結果、どうやら宇野選手は去年実施されたグランプリファイナルの男子シングルで銀メダルを獲得したほか、四大陸選手権での金メダル獲得、全日本選手権3連覇などの活躍が評価され、初めての受賞に至ったようです。

なるほど、素晴らしい成績ではありますよね。

ただ単純に残した成績という点だけを鑑みれば、シニアデビューから連勝を収めた紀平選手や、世界選手権で2位に輝いた羽生選手(宇野選手は4位)だって同等…いや、それ以上の成果を上げているように感じます。

実際「どうして宇野選手なの?てっきり紀平選手か羽生選手が最優秀選手だと思っていたのに」との声は非常に多いです。

残した成績以外に何らかの忖度が働いていると指摘する層も見受けられますね。

スポンサーリンク?

JOCが「ひいき」をしている?

(画像引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/紀平梨花)

もちろん異を唱えているほとんどのファンも、宇野選手の受賞自体は祝福をしているんですよ。

ただ相対的に見て納得がいかないとのことで「宇野選手はJOCのお気に入り・推しメンバーだから受賞に至った」「絶対、実力以上に贔屓されている側面がある」と、JOCの体質について憤っている様子です。

シンプルに言ってしまえば「選考基準があいまい」という点に尽きるかもしれません。

とはいえ明確な成績以外にも「確かに宇野選手が築き上げてきた長年の功績は大きいから、このタイミングでの受賞は納得」「将来性も加味しての宇野選手選出では?」といった要因を上げ、宇野選手自体は間違いなく素晴らしい選手なのだから、決まった以上は素直に祝いたいと考えている方も多いようですね。

また数々の金字塔を打ち立ててきた羽生選手に絡んでは「今さら最優秀選手賞を逃しても、さしてダメージもないだろう」との見方もあります。

う~ん、かなり多様な議論が交わされていますが、確かに宇野選手にケチをつけるのは違いますもんね^^;

先日の強化指定選手決定を受けても様々な指摘が出たように、やはりフィギュアに関する決定で誰もが納得する着地点を見出すことは、なかなか難しいのかもしれません。

宮原知子と宇野昌磨は仲良しで付き合ってるって本当?
フィギュアスケートの宮原 知子さん・宇野 昌磨さんについて、「2人は付き合っているのでは?」との噂が流れているようです。事実であれば相当なビッグカップルの誕生...

羽生結弦と宇野昌磨の実家はどちらがお金持ち?宇野家はかなりスゴイ?
下世話な話で申し訳ないのですが、何かを極めようとすると、結構な「投資」が必要になりますよね。スポーツももちろんですが、「芸術色」が強い分野のものは、特にお金...

スポンサーリンク?