ユニクロ「UT」と人気ゲーム「ストリートファイター」のコラボTシャツを扱ったCMが、めちゃくちゃ良い感じです!

人気コンテンツの外観だけをなぞるのではなく、ゲーム自体に対するリスペクトや熱い想いを感じ取れる点に、まず感動ですよね。

かつ、音楽がクール。

出演者のパフォーマンスも迫力満点ということで、CMというよりは一つの作品として釘付けになってしまいましたよ!

スト2発売当時の熱狂を知り、実際にプレイもしていた自分にとっては、言いようもなくグッとくるものがあります。

とにかくCMを構成する様々な要素について詳しく知りたくなったので、リサーチを進めました。



CM曲を手掛けたのは「ForTune Farm」

(画像引用:https://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/ut/streetfighter/)

1987年に業務用ゲーム機として誕生した対戦格闘ゲーム「ストリートファイター」。

今回のコラボでは1991年に発売され大ヒットを飛ばした「ストリートファイターII」と、eスポーツとしても盛り上がりをみせる「ストリートファイターV」がフォーカスされています。

キャラクターごとのアイコニックな技やポーズをTシャツに落とし込んだということで、往年のファンの方にとってはたまらない逸品といえるでしょうね^^

今回のCM音楽も、まるでゲームのBGMみたいなピコピコ感があり、そういった部分も含めて「あくまでもテーマに忠実」との印象を受けます。

そのように感じながら調べてみると、やはりCM音楽は今回のために制作された「オリジナル・サウンド」のようですね。

曲のタイトルもない様子でした。

プロデュースしたのは音楽レーベルの「ForTune Farm」で、ディレクターとしては大月 壮さんという方の名前が挙がっていましたよ。

スポンサーリンク?

出演者するパフォーマーは「Daisuke」!

次に、画面上でゲームキャラクターたちと並び、圧巻のパフォーマンスを見せ付けている日本人男性に関してです。

彼の名前は「Daisuke」というそうで、トリッキングパフォーマーとして活躍する人物ですね。

ご本人がTwitterを通じてCM出演を報告しており、その様子からはなかなかの興奮ぶりが伝わってきました。

トリッキングというのはスポーツの一種で、武術とフリースタイルアクロバット(体操床運動やブレイクダンス)等を組み合わせて自己表現するカルチャーとのこと。

Daisukeさんの動きが余りにゲームとマッチしているので驚いていたのですが、「武術」の要素を含んだジャンルであると聞き、納得がいきました。

ちなみにDaisukeさんは世界的な大会で何度もチャンピオンに輝くなど、トリッキング界の権威たる存在です。

次に、Daisukeさんの「対戦相手」として登場するニット帽を被った外国人と思しき男性についても調べてみたのですが、残念ながら彼の正体は突き止めることができませんでした;

ただDaisukeさん同様、非常に高い身体能力を見せ付けているので、俳優というよりはパフォーマー的な活躍をしているのかもしれません。

スポンサーリンク?