(画像引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%9F%E3%81%A4%E3%81%AE%E5%B8%82)

任期満了に伴う兵庫県たつの市長選は、10月15日に告示されました。同22日に投開票が行われます。当記事では22日の即日開票に合わせ、結果速報を更新していきます。

立候補したのはともに無所属で、再選を目指す現職の栗原一氏(67)=自民、公明推薦=と、前回2013年に続いて2度目の出馬となった元同市議、元市総務部長の山本実氏(65)の2人です。現職に元市の幹部が挑む選挙戦になりました。

10月22日の投票時間は7~20時までで、即日開票します。選挙人名簿登録者数は、10月14日現在で65,035人(男31,079人、女33,956人)です。

スポンサーリンク?

最新の開票結果はコチラ

当選 山本実 17,909票

   栗原一 17,684票

※投票率56.49%

 

たつの市長選の争点やポイントなどを解説

たつの市長選はの争点は、2005年旧4市町の合併に伴って誕生後、3,000人以上が減少している市の人口問題があります。子育て世代の支援策、移住や定住の促進、産業の活性化による雇用確保など、市の未来像を描けるのかに関心が高まります。

 

【両候補の公約や主張など】
▽栗原氏
・庁内の意識改革を率先して行い、地方創生を推進している実績
・市民の幸せ、将来のたつの市のために命懸けで市政運営を担う

▽山本氏
・市職員41年間、市議3年あまりの豊富な行政経験を生かす
・歳出の見直しで中学までの給食無料化、産婦人科医院の誘致などの少子化対策

スポンサーリンク?

立候補した2人はどんな人?プロフィールや経歴を紹介

栗原氏は明治大学を卒業後、河本敏夫衆院議員の秘書を務めました。その後、1999年の兵庫県議選で初当選しました。2003年までは無所属、2007年と11年は自民党公認で出馬して当選しています。2013年の前回市長選で初当選しています。

山本氏は兵庫県立龍野実業高校(現龍野北高校)卒業後、旧龍野市の職員として41年間勤務しました。その間、下水道部長、建設部長、総務部長などを歴任。退職後の2013年たつの市長選に出馬して敗れました。14年のたつの市議選で初当選しています。

 

栗原一(くりはら・はじめ)氏

f:id:supplex:20171019124159p:plain

生年月日:1950年6月14日
出身地:兵庫県たつの市
出身校:明治大学法学部、兵庫県立大学大学院
党派:無所属
職歴:たつの市長(1期)、兵庫県議(4期)、衆院議員秘書

 

山本実(やまもと・みのる)氏

f:id:supplex:20171019124239p:plain

生年月日:1952年4月26日
出身地:兵庫県たつの市
出身校:兵庫県立龍野実業高校
党派:無所属
職歴:たつの市市議(1期)、たつの市総務部長、同市建設部長

 

たつの市長選の情勢は、予測しづらい展開になってきました。現職の栗原氏は自民、公明の推薦を得ており、支持基盤が固いのが特徴です。一方の山本氏は豊富な行政マン・市議としてのキャリアに加え、サッカーの指導者として普及・育成など、機動力があります。

前回2013年市長選は、4候補が乱立する選挙戦でしたが、栗原氏と山本氏の事実上の一騎打ちでした。両者には約5,000票差がありましたが、2候補に流れた約8,500票が今回の市長選でどちらに流れるのか、予測がつきません。

 

当記事では10月22日の即日開票に合わせ、結果速報を更新していきます。

スポンサーリンク?