(画像引用:http://dotamatica.com/news/1381)

今回は、2017年12月30日にAbemaTVにて独占放送されたフリースタイルダンジョンの年末特番:「フリースタイルダンジョンMonstersWar 2017~お前ら時代に忖度してる場合じゃねぇぞ!全員ブッ潰してやるスペシャル~」の話題をピックアップしたいと思います。

こちらの番組で大本命の呂布カルマチームを倒した、輪入道・MU-TON・DOTAMAチームの「TAG SHIT」という楽曲の歌詞を知りたいという声が多数挙がっておりましたので、リサーチしてみましたよ!

スポンサーリンク?

「TAG SHIT」の歌詞を紹介

さて、「TAG SHIT」の歌詞は以下になります。

【輪入道】
白河 young gunz 隠密48
残党、残響、起こすドンパチ
mu-ton 肩の荷下りる
久々滾った赤落の血
やってくれそうな気がしてたぜ
感謝してるDISの極みメガネ
有言実行なら祝い酒
けつ割らずに実力で理解させる
俺は化け物二人の緩衝材
400万生み出した三本マイク
ルール破ったのがキッカケ
誰よりも美しくて汚ねえ

こいつは最初で最後の挨拶 TAG SHIT
確実、火着けてマイクパス
対話と攻撃保たれた、俺が妖怪
trust no buddy

【DOTAMA】
聳え立つ最強の要塞
黒幕は最恐の妖怪
連覇、モンスターズウォー
またも屍の頂上でガッツポーズ
言葉の記憶描く手前味噌
火の車に乗せて焼く、〇〇〇〇?
行く手遮ろうとも誰にも止められん
初代、怪物上がりの過激トーク
レプリゼント 福島栃木千葉
迷宮の化け物たちお辞儀しな
誰もが異物扱いするスタイルと見た目
だが誰よりも美しくて汚ねえ

こいつは最初で最後の挨拶 TAG SHIT
確実、火着けてマイクパス
目の前の敵倒し、見る未来
俺が要塞、trust no buddy

【mu-ton】
Let it Go 迷わない迷路
I’m a イレギュラー 異色の音色
知らぬ間にプロップスを手に入れ
増える欲望燃えるメリージェーン
dj honda 初乗り
哀愁にスパイス 小峰城下
ブレない48スタイル
make hot make hop チェケラー 〇〇〇〇?
妖怪、〇〇〇〇? ドリップ ドーパミン
俺のリリックに意味を求めなくていいんだぜ
リターンオブザクラシック ブンバ
お前の代わりが聞いても、俺の代わりは聞かねえ
誰よりも美しくて汚ねえ

こいつは最初で最後の挨拶、TAG SHIT
確実、火着けてマイクパス
〇〇〇〇?の意外性、今口外
trust no buddy

俺たち元々何者でもねえ今も街の声を聞いてる
響いてる、信じた己の声 〇〇〇〇? あるhondaビートの上
哀愁に駆られたいのはどいつ
ポイズンに恋する極上をチョイス
揃い踏みポイズン、雑魚なら追い抜く
state of mind 三人のイズム
この三つ巴の汚さに気付く
気付かないなら今から噛み付く
情け容赦ねえ、構えようがねえ
TAG SHIT 進む Go may way

〇部分については現時点で分からなかったため、判明次第修正しますね!

スポンサーリンク?

フリースタイルダンジョンって何?

(画像引用:http://dotamatica.com/news/1381)

順番が逆になってしまいましたが、「そもそもフリースタイルダンジョンって何!?」という方もいらっしゃると思いますので、その概要についても触れておきましょう。

「フリースタイルダンジョン」とは、フリースタイル(即興)のラップで強豪ラッパーたちが対戦し、勝ち上がっていくことで、優勝及び賞金獲得を目指す…という趣旨のラップバトル番組です。

どのチームも独自のカラーを持ち、その実力も確かですから、毎回大変見ごたえのある勝負が繰り広げられているんですよ!

次に、今回チームを組んで優勝した「輪入道」「MU-TON」「DOTAMA」についても、その略歴を紹介しますね。

輸入道さんは千葉県出身のラッパーで、10代のころから関東各地のクラブイベントに出演し、シーンにその名を轟かせてきました。

ケタ外れのアドリブ感覚と人間味で聴衆をロックし続け、「平成の異端児」と称されています。

MU-TONさんは、ダンジョンで呂布カルマに圧勝したことから更に名を上げた若手ラッパーで、透き通るような声とグルーヴ感に優れた確かな韻が特徴。
今後の更なる飛躍を期待する声も大きいです。

DOTAMAさんはヒップホップMCで、高校卒業後は約10年間、ホームセンターの社員として働きつつ音楽活動を続けたという異色の経歴を持っています。

ネクタイを締めたスーツ姿に黒縁メガネ着用というおとなしそうな風貌が特徴ですが、ひとたびマイクを握れば、力強く高い声を武器にした激しいラップ・ミュージックを表現します。

三者三様の背景を持ちながら、みな一様にかなりの実力者であると言えそうですね!

今回ご紹介した「TAG SHIT」もめちゃくちゃかっこいいので、ぜひ聞いてみてください。

スポンサーリンク?