5月8日の「水曜日のダウンタウン」(TBS系)にて放送された企画「新元号を当てるまで脱出できない生活」が大きな反響を呼んでいます。

ルールは至ってシンプルで「新元号発表前日、密室に芸人を収容することで世間から隔離し、外部からの情報が完全にシャットアウトされた状態で新元号の『令和』を当てるまで脱出できない」というものだったのですが、企画に挑んだ芸人「ななまがり」のセンスやひたむきな姿が視聴者の心をとらえたようですね^^

しかしその一方で「今回の企画自体が完全なヤラセでは?」との指摘も出ているんですよ!

なぜ疑惑の目が向けられているのか、SNSに寄せられた意見等をチェックしながら考察してみました。



世間の声はおおむね好意的!

各種SNSや掲示板に目を通してみると、今回の企画に対する世間の声は圧倒的に好意的なものが多いですね。

・今回の水ダウは神回だった!「令和」が導き出されたときは普通に感動したし、厳しい拘束の中ずっと真摯に取り組んだななまがりの2人もすごかったと思う

・菅さんが色紙を掲げた時よりも新時代の訪れを感じたわ!少ないヒントからよく正解にたどり着いたなあ。ななまがりのことは今後も応援したい

・途中で出たハズレワード「歯姫」のセンスがすごすぎる。放送直後はトレンド1位にもなっていたし、やはり注目度が高い企画だったんだろう

といった具合です。

ただやはり一部には、

・日本中でかなりの人が予想合戦を繰り広げていたのに、当てることができなかった「令和」という言葉。ヒントがあったとはいえ、正解するなんて絶対にムリ

・水ダウってヤラセっぽい企画も多いじゃん。今回も「ん?」って思う部分がところどころにあったよ

との指摘もありましたね。

個人的にはヒントがしっかり活かされた上での正解だと感じましたし、何より2人の奮闘ぶりが全てうそとは思いたくないのが本音です^^;

スポンサーリンク?

うっかりなヤラセの指摘もあった?

なお5月1日にななまがりの森下さんがTwitterを更新したことを引き合いに出し(投稿内容自体は企画とは全く関係のないものでした)、「5月1日の時点でSNSを使用できてるじゃん!元号が変わる瞬間に外部情報から遮断されてなかったとうことだから、やっぱり企画はヤラセで確定だね」と指摘した人物がいたんですよ!

これを受けた複数の人たちも「本当だ。スマホから投稿してるし、ヤラセだね」と同調して、関連のスレッドが立つなど一時炎上状態が起きたのですが、よく考えてみてください。

5月も半ばに差し掛かっておりますし、勢いよくこの理論を突き付けられると一瞬納得してしまうものの、元号が発表されたのは4月1日で、実際の施行が5月1日だったんですよね^^;

ですから今回の企画は3月末より撮影されたもので、5月1日・改元のタイミングはななまがりの二人も普段通りの生活を送っていたはずなんです。

とはいえこういった「うっかり」のヤラセ指摘に尾ひれがつき、疑惑が広まった側面はあるかもしれません。

大多数の人が「仮にヤラセだったとしても、本当に面白かったからヨシ!」「何でもかんでも疑ってしまうと、テレビなんて楽しめないよ」と、純粋に番組が面白かったことを評価している様子ですけどね!

スポンサーリンク?