SoftBankのTVCM「バレンタイン」篇が目を見張るような仕上がりです。

バレンタインとスマホにまつわる悲哀が広瀬 すずさんの主演で表現されているのですが、コミカルな中にも絶妙な可愛さがあり、すっかり心奪われてしまいました!

それにしても映像に負けないくらい、BGMの存在感がまた凄まじいですよね。

思わずプッと吹き出しそうな歌詞に、力強い独特のボーカルがマッチして、完全に一つの物語として確立している気がするんですよ。

この「バレンタイン」篇は、ソフトバンクが掲げる“音楽とスマホで、僕らはもっと自由になれる”というテーマのもと、いま注目を集めているアーティストと音楽でコラボする「SoftBank Music Project」CMの第2弾として制作されたそうです。

第1弾の「いきものがかり」に続き、今回のCMにも期待のミュージシャンが起用されているのだろうと考え、その詳細について調べてみました!

スポンサーリンク?

BGMはクリープハイプの「ニガツノナミダ」

(画像引用:https://twitter.com/creephyp)

リサーチの結果、CMに起用されているのは4人組のロックバンド・クリープハイプが手掛ける「ニガツノナミダ」という楽曲であることが分かりました!

ソフトバンクの公式チャンネルにて、フルバージョンのMVを視聴することができます。

歌詞が表示されている点も嬉しいですね。

すずちゃんや「お父さん犬」も登場していますので、ぜひチェックしてみてください!

スポンサーリンク?

楽曲の「制作秘話」とは!?

なお「ニガツノナミダ」は、今回のために書き下ろされたCMオリジナルの「コラボ楽曲」だそうです。

がっつり携帯に絡んだ歌詞になっているのは、そのためだったんですね^^

ただ曲を制作したクリープハイプの尾崎 世界観さん曰く、CMソングということはもちろん意識しつつも、「クリープハイプらしさ」は損なわれないように心掛けたのだとか。

CMタイアップゆえに幾つかの制限が設けられる点を逆手にとって、「(普段の作品では)絶対に言わない言葉」をここぞとばかりに盛り込みつつ、それを題材にクリープハイプの独自色でコーティングしていくような手法を採用したといいます。

そんなわけで、様々な条件を「楽しみながら」かたちとしていったのが、「ニガツノナミダ」という楽曲なんですね!

ちなみに尾崎さんは自らMVにも出演し、お父さん犬との共演も果たしています。

お父さん犬は尾崎さんの友人と同じ匂いがした…と語るその姿に、独特の感性を持ったアーティストなんだなぁと思いましたね。

今回のタイアップをきっかけとして、他の作品もチェックしてみたくなりました。

また、今後の「SoftBank Music Project」にどのようなアーティストが起用されていくのかも本当に楽しみですよね!

ここまでのペースを見ると、ひと月ごとに新作が発表されているようなので、来月第3弾がオンエアされることを期待しておきましょう。

スポンサーリンク?