下妻市長選挙2018結果速報!選挙日や立候補者、情勢予想も紹介

公開日:更新日: コメントなし

(画像引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/下妻市)

任期満了に伴う茨城県下妻市長選挙は、3月18日告示され、25日に投開票が行われます。当記事では25日の即日開票に合わせ、どこよりも早く且つ正確に結果速報を更新していきます。

立候補したのは、元市議で新人の菊池博氏(55)と、現職の稲葉本治氏(72)の2候補で、いずれも無所属による、現新一騎打ちの選挙戦がクライマックスに差し掛かりました。

なお、25日の投票時間は午前7時から午後6時まで、16日時点での下妻市選挙人名簿登録者数は、3万5,702人となっています。

また同日には、欠員による市議補選(定員1)も予定されていましたが、無所属新人の宇梶浩太氏の無投票当選が決まっています。

スポンサーリンク?

最新の開票結果

当選 菊池博  8,803票
   稲葉本治 8,237票

厳しい市財政の改善による地域活性化政策が論点

元々、現職支持派の市議だった菊池氏は、

「(現市政は)お金の使い方に計画性が感じられる、(このまま)任せられない。」

と、現市長に反旗を翻し出馬を決心した経緯を述べています。

また、選挙戦においては公約として、市民とNPO団体が連携した市政実現や、災害に強いまちつくりなどを挙げるとともに、

「現市政は市民の意向が反映されていない。停滞、衰退の(現市長による)政治を継続するのか、新しい未来を導くの選択選挙だ。」

と現市長を批判するとともに、自身の若さとフットワークの軽さによる、市政刷新の必要性を訴えました。

【菊池博(きくちひろし)氏プロフィール】

生年月日:19年月日
出身地:茨城県下妻氏
出身校:中央大学工学部
党派:無所属
主な経歴:税理士事務所職員や、茨城日本電気社員などを経験したのち、2003年千代川村(下妻市に編入)村議選に出馬し当選。合併後の2007年には、下妻市議選に鞍替え出馬をして見事当選、3期を務めた。

一方、同月15日市議会において、3期目への出馬意思を明らかにした現市長の稲葉氏は、過去の選挙において公約に掲げていた、財政再建や中心市街地の活性化などについて、

「実現できたかなと思っている。(3期目は)子育て支援にも力を入れ、若い世代が住みたいと思えるまちつくりをしたい。」

と記者たちの取材に答え、2期8年にわたる自身の実績をアピールしました。

また、選挙戦に突入してからは、3期目に向けての公約として、

・鯨地区での工業団地造成と企業誘致
・農畜産物ブランド化の継続促進
・高校3年までの医療費無料化拡充
・保育園から中学校まで各教育施設の耐震化

などを掲げ、市内各所で支持を訴えています。

【稲葉本治(いなばもとはる)氏プロフィール】

生年月日:1945年7月7日
出身地:
出身校:法政大学経済学部
党派:無所属
主な経歴:千代川村長や下妻市助役、同市副市長を経て2010年市長選に初出馬し、3つ巴の激戦を制して初当選、無投票で再選し現在2期目。霞ヶ浦用水土地改良区理事長、全国水資源機構かんがい排水副会長、関東道の駅連絡会副会長なども務めている。

スポンサーリンク?

組織的に選挙戦を進める現職候補優勢の公算

今回の選挙戦で、各候補が訴えている公約などを見ると、今後もお金を使った市運営を進める方針の現職と、市民目線に立った節約財政で財政改革を進めたい新人という、対決構造が浮き彫りになっています。

ただし、具体的に政策を選挙戦の中でアピールできているのは、数多くの文化施設やコミュニティー施設を作り、憩いの場を市民に提供してきた稲葉氏の方で、対する菊池氏の政策は、若干輪郭がぼやけているように感じられます。

また、稲葉氏は公明党の推薦を受けており、組織力と現職市長としての知名度において、菊池氏を圧倒しているため、ここまでの戦いを見る限りでは、かなり優勢に選挙を進めている模様です

ただ、稲葉氏には2014年に実施された前回市長選において、「無投票」で市長に再選したことに対する批判に声と、自身の72歳という高齢への不安の声が上がっており、菊池氏が若さとフレッシュさをアピールして浮動票を掴めれば、肉薄していく可能性も若干ですが残されています。

スポンサーリンク?