私は国内外を問わず旅行が趣味なのですが、行ったことのない場所に到達した際に、ものすごく達成感を得るタイプの人間です。

昔から、路線図を広げて乗った部分を塗りつぶしたり、パスポートの記録をスタンプラリー的に眺めて満足したりと、地味な活動を続けてきました(笑)

しかし、このような行動に喜びを見出す方たちは意外にも多かったようで、ここのところ、「制県レベル」というアプリが大変な話題となっているようです。

ということで今回は、旅行好きが思わずハマってしまう「制県レベル」についてご紹介すると同時に、より広いエリアで楽しめる「been」というアプリについても言及していきたいと思います。

スポンサーリンク?

話題の「制県レベル」はどんなアプリ!?

さてさて、まずは「制県レベル」の概要についてお伝えしていきましょう。

「制県レベル」地図を作るのには、「制県伝説」というアプリを使用します。

こちらのアプリは、自分がこれまでに訪れた都道府県を分かりやすく地図上でチェックし、TwitterといったSNSを通してシェアもできるというサービスを行っています。

各都道府県を、「未経県(足を踏み入れたことがない)」から、「通過した」「泊まった」「住んだ」など、どの程度その土地と関わったかという観点によってレベル評価していき、分かりやすく数値化することができるのです。

結果は色分けされた日本地図によって可視化されますので、これまでの自分の歩みがレコードできますし、「まだこの地方には行ったことがないな~」なんてことがダイレクトに伝わってきますから、次の旅行プランを立てる際にも役立ってくれそうですよね。

「全国制覇がしたい!」といったモチベーションも生まれそうだし、当アプリがすでに大変な好評を得ていることも頷けます。

知り合いがやっているのを見て気になっていたという方も多いかもしれませんね^^

興味のある方は、ダウンロードを検討されてみても良いかもしれません。

スポンサーリンク?

「been」は制県レベルの世界版!

ただ、「制県レベル」はその名のとおり、日本国内を対象エリアとしたアプリです。

「国内は全て制覇してしまった」「自分は海外旅行の方が好きなのに」という方もいらっしゃるでしょう。

実際、「制国レベルを作って!」という声も出始めているようなのですが、調査したところ、この役目を担ってくれそうなアプリを発見しました。

それが、「been」です。

iPhone版「been」のダウンロードはコチラ
Android版「been」のダウンロードはコチラ

こちらも、世界地図を対象として「行ったことのある国」に色付けをし、達成率をパーセント表示したり、画像でツイートしたりできるので、まさに「制県レベルの世界エリアバージョン」として楽しむことができそうですよね!

今回ピックアップした2つに限らず、訪れた場所を記録する機能を有したアプリは複数存在するようですので、いろいろとチェックしてみて、使いやすいものを一つダウンロードしてみても楽しいのではないでしょうか^^

スポンサーリンク?