アース製薬の虫よけスプレー「サラテクト」のCMが、かなりの物議を醸しているようです。

というのも、こちらのCMには元卓球選手の福原 愛さんと夫で卓球選手の江 宏傑さんが出演しているのですが、「サラテクト 愛ちゃん語る篇(中国語)」の動画は全編中国語で構成されているんですよ!

アース製薬「サラテクト 愛ちゃん語る篇(中国語)」 CM動画(YouTube)はコチラ

2人の仲睦まじい様子は大変ほほえましいものの、日本で放送されるCMが中国語で成り立っているというのは、確かに全体未聞だと思います。

画面下に映し出される日本語訳のテロップを見るにつけても、「なぜそうまでして、中国語で流したかったのか?」と疑問を抱かざるを得ません^^;

実際、何か深い理由でもあったのでしょうか。



日本語バージョンも放送中!

ちなみに同CMには、「サラテクト 愛ちゃん語る篇(日本語)」というバージョンも存在しています。

アース製薬「サラテクト 愛ちゃん語る篇(日本語)」 CM動画(YouTube)はコチラ

タイトルのとおり、こちらの動画は全編日本語で展開されていきますね。

なお言語以外にも違いがあるのか注視してみたところ、日本語篇・中国語篇の映像や展開は全く同じであることが分かりました。

というか中国語篇の映像は口の動きとセリフが合っていないので、日本語篇の映像をまず仕上げ、あとで中国語をかぶせた別バージョンを制作したのでしょう。

このことから、制作者サイドには「全く同じCMに二か国語バージョンがあれば大変面白く、話題にもなるんじゃないか?」という意図があったものと推察します。

確かに日本国内で流すCMに全編中国語のバージョンもあるなんて、相当目を引くことは間違いありませんからね。

とはいえ多くの視聴者は「わざわざそのように無意味なことをしなくて良いだろう。それとも日本人は商品を買わなくても良いってこと?いずれにせよ、不快だ!」と、拒否反応を示した模様です。

スポンサーリンク?

インバウンドの効果を狙っている?

今回のCMは単純に演出上の面白さを追求したのではなく、ストレートに中国人に向けて発信したかったから中国語版を製作した…との見方も出ています。

確かにインバウンドの影響により中国人の来日は後を絶たず、その「爆買い」ぶりも大きな話題となっていますからね!

ことドラッグストアは中国人観光客に大人気ですし、日本製の虫よけスプレー・サラテクトも彼らのツボにはまるアイテムという感じはします^^;

日本のテレビから中国語のCMが流れてくれば、出演者2人の知名度も手伝い「お!旅行のおみやげとして買い求めてみるか」という中国人が多く発生しても、不思議ではありません。

やはり「あわよくば中国人にもアピールしたい」という思惑が、制作者サイドにあった可能性も考えられるでしょう。

とはいえここは日本ですから、全編外国語のCMを流すという手法は大胆過ぎたかもしれませんね;

実際に少なからぬ方が不快に感じているようですし、注目を集めるという点では大成功でしょうが、商品や企業の好感度は下がってしまった感もあります…。

スポンサーリンク?