(画像引用:https://ameblo.jp/ebizo-ichikawa/entry-12343168637.html)

歌舞伎役者としてはもちろんのこと、様々な分野に活躍の場を広げながら、存在感を示し続ける市川海老蔵さん。

最愛の妻である小林麻央さんを失ってからも、2人のお子さんとともに歩みを進めていて、その動向を気に掛けている方も多いことでしょう。

そんな海老蔵さんの人となりを詳しく知りたいと思ったら、まずチェックしたいのが彼のブログです。

ABKAI 市川海老蔵オフィシャルブログ

「市川海老蔵ブログ」では、歌舞伎の話題はもちろんのこと、家族に関してや、彼の心情についてまでもが事細かに開示されており、非常に読みごたえがあります。

更新頻度もびっくりするほど高いので、読者になると、まるで海老蔵さんの親戚にでもなったかのように、彼について詳しくなれますよ♪

さて、そんな海老蔵さんのブログにて1月8日にアップされた記事の中に、聞きなれない言葉を見付けました。

それは、「下がり止め」という単語です。

「お!下がり止め出ました!ありがとうございます。」という前後の文脈から察するに、何かしら喜ばしいことを示しているのでしょうが、これはどういう意味なのでしょう?歌舞伎の専門用語なのかな??

ということで、早速リサーチしてみました!

スポンサーリンク?

歌舞伎の専門用語「下がり止め」の意味は?

さて、結論からお伝えしますと、「下がり止め」とは、「満員御礼」「チケット完売御礼」という意味の歌舞伎用語でした。

なるほど、そういうことでしたか!海老蔵さんが嬉しそうだったわけだ^^

ちなみにこの「下がり止め」というワードで検索を掛ける私のような人が、ここ数日で急増しているようなのですが、これもきっと海老蔵ブログの影響ですね。

また、記事がアップされた同日、1月8日の22時から日本テレビ系にて、「市川海老蔵に、ござりまする 2018」も放送されていましたから、いつもより更に多くのの方がブログを閲覧していたのでしょう。

スポンサーリンク?

以上のことから、海老蔵さんに対する世間の関心は大変高いものだと分かりますが、最近は長女の麗禾ちゃんと長男の勸玄くんにも、負けないくらいの注目が集まっていますね。

ご両親譲りとなる二人のお子さんの美形っぷりも有名ですが、昨年7月には勸玄くんが歌舞伎座で史上最年少となる4歳での「宙乗り」に挑戦したしましたし、10月には初めて実現した姉弟共演も話題となりました。

歌舞伎役者として、また、父親としての海老蔵さんの活躍と、名門の血を引き継ぐ幼い二人のお子さんのこれからについて、引き続き大いに期待したいと思います!

スポンサーリンク?