東京・港区のワンファイナンシャルによる「ONE」というアプリをご存知ですか?

私は昨日のワイドショーで初めてその存在を知ったのですが、何とこちらのアプリ、「撮影したレシートを1枚10円で買い取る」というサービスを提供しているんです!

レシートなんてかさばると邪魔になるだけなので、私はすぐさま捨ててしまうのですが、「ONE」によって収集されたデータは年代別に分けられた上で企業に提供され、消費者の購買傾向を知る「マーケティング材料」として活用されるんだとか。

いやいや、「その発想はなかった」という感じですよね。

日常生活で自然に手に入るレシートが大きなビジネスチャンスになるなんて、私のような凡人には考えも及びませんでした^^;

その上、こちらのアプリを開発したのはワンファイナンシャルCEOの山内 奏人氏という方なのですが、彼はまだ「17歳の現役高校生」だと言うのですから、重ねてビックリです。

ワイドショーに出演もされていましたけど、見た目は本当に普通の男の子なんですよ。

と、大きな話題を呼んでいるこちらのアプリなのですが、現在、「サービス一時停止」状態みたいなんですよね;

なぜ、一時的にせよ利用できないという事態が起きたのでしょう。

再開時期のめどは立っているのでしょうか?

スポンサーリンク?

サービス停止は想定外の反響によるもの

まず、サービスが一時停止された理由は、「開発者の想定を上回る盛況ぶり」にあったようです。

「レシートを撮るだけで現金化できる」という手軽さからユーザーが殺到し、サービス開始後わずか16時間で8.5万ダウンロード、7万人のユーザーから約24.54万枚のレシートが送付されるという事態が起きたのだとか。

買取総額は、単純計算すると245万4千円ということになりますから、これには制作者サイドも驚いたことでしょう。
そこで一旦サービスを停止し、態勢を整える必要が出てきたというわけですね。

スポンサーリンク?

再開時期は2週間後?

なおこのような事態を受けた開発者の山内氏は、自身のツイートで、「2週間、、、2週間だけ時間をください、、、絶対戻ります、、、アプリを入れてお待ちくださいませ!」との声明を出しています。

文面からは、かなりの焦りが伝わってきますが…。

とりあえずの再開めどは、「今から2週間後」ということになりそうですね。

既にユーザーからは激励と不安の声が同時に上がっているものの、まずは経過を見守るしかなさそうです。

とはいえ、開発者本人のテレビ出演などを受けて、日増しに「ONE」の知名度が高まっていることも確かですからね。

今後の対応は容易なものではないでしょうが、その発想と山内氏の行動力は本当に称賛に値するものです。

多くのユーザーの期待に応え得る態勢を整えた上で、ぜひとも戻ってきてほしいと思います!

スポンサーリンク?