楽天によるフリマアプリ「ラクマ」

販売手数料が安く、簡単かつ気軽に使えることから、愛用されている方も多いと思います。

しかしながらラクマにて「偽ブランド品に絡んだ迷惑コメントが横行している」との苦情が相次いでいるんですよ!



宣伝コメントからLINEに誘導?

問題のコメントは「スーパーコピー贅沢品ショップ」などと騙る相手から、「宣伝」の形式で送り付けられてきます。

LVやシャネル、グッチといったハイブランドをお得に取り扱っているとPRしつつ、「詳しいことはLINEでご連絡ください」と、具体的なLINE IDまで提示してくるんですよ!

偽ブランド品の販売を公然と謳っている時点で相当ですが、その文面もツッコミどころが満載です。

「新規のお客様は1割引サービスあげますよ」などという何とも不自然な日本語と上から目線!

かなりイラっとさせられますね。

このような状況からコメント主が海外の悪質業者であることは明白であり、実際に受け取ったユーザーたちも相手にしていないようですが、問題はその「執拗さ」にあります。

これらのコメントが届く頻度は非常に高く、数時間で数十件に上るケースも目立つため、ラクマの使用自体が難しくなるんですよ!

その上、同様の悪質アカウントは数千存在するとも見られており、一つをブロックしてもまた別の相手からコメントが送り付けられるという「いたちごっこ」が続いているのです。

スポンサーリンク?

募るラクマ運営への不信・不満

(画像引用:https://fril.jp/)

ラクマサイドは「ラクマのルール」として、「メール・LINEなどラクマ外への誘導」や「ブランド品の偽造品・レプリカ・模造品の販売」を明確に禁止しています。

というか、偽造品の販売は商標法という法律に引っ掛かるんですけどね^^;

つまり今回ピックアップした一連の行為は、ラクマにとっては完全に「取り締まりの対象」となるわけです。

悪質な宣伝コメントを受け取ったら、とりあえず地道なブロックを行いつつ、ラクマ運営へ通報する!

対処法はこれに尽きます。

しかしながら通報を重ねているのに、ラクマサイドが何ら有効的な措置を取ってくれないという現状が、大いに利用者たちの怒りを買っているんですよ;

SNS等をみると、

・明らかなルール違反、いや、犯罪行為が行われているのに、運営サイドは野放しですか?これではラクマを安心して利用できない

・ラクマは偽物業者による詐欺行為の温床になっているね。何の対策もできなければ、そのうち利用者がいなくなるよ

・ラクマは「手数料」を徴収しており、正当なサービスが受けられるようにアプリを運営する義務を持つわけ。それなのに、いくら通報しても何も改善されない。ラクマを使うことはもうありません!

等の厳しい意見が山ほど寄せられていますが、どれも至極まっとうな主張ですよね。

運営には早急な事態改善策を打つよう望みたいと思います。

スポンサーリンク?