RADWIMPSが12月12日にリリースしたばかりのニューアルバム「ANTI ANTI GENERATION(アンティ アンタイ ジェネレーション)」。

ONE OK ROCKのTaka、あいみょんらとの豪華コラボが実現した点も話題ですが、ファンたちの間では「神曲揃い!」ということで、とにかくアルバム全体の仕上がりが素晴らしいと評判を呼んでいます。

その中でもとりわけ、12曲目に収録された「I I U」の人気が高いようですね^^

しかしそもそも、こちらの曲名は何と読むのが正しいのでしょう?

全編英語でつづられていいるため歌詞の内容も気になりましたので、併せてリサーチしました!

スポンサーリンク?

曲名の読み方には諸説アリ

まずは曲名ですが、コレという正解は明らかになっていないものの、一番ストレートに「アイ アイ ユー」と読んでいる方が多いみたいですね。

これを直訳すれば、「私、私、そしてあなた」といった具合でしょうか。

もしかすると「私」を2度重ねることで、「僕の気持ちは君の2倍くらい大きいよ」と伝えているのかもしれません。

その他には「II=ローマ字のⅡ=トゥー」と読ませ、「To You」…「あなたに」という意味を持たせているとの推察もありましたね。

うん、後で紹介する歌詞の和訳を鑑みるに、こちらの説もタイトルとしては十分あり得ると思います。

あと個人的にふと思い付いたのは、実はスペルが「I(大文字のアイ) l(小文字のエル) U(大文字のユー)」になっていて、「I Love You」を意味してるんじゃないかな~という考え方です。

2つ目のlはアイじゃなくてエルなのではないか?という推察なのですが、いかがでしょう?

とりあえず、「I I U」というタイトルについてはいろいろな解釈が成り立ちそうですよね^^

制作者サイドもこのことは織り込み済みで、わざと曖昧な表記を採用したのかもしれません。

もしくは本当に、一つの正解ではなく複数のメッセージを織り込んだ作品名であるとも考えられそうです。

スポンサーリンク?

「I I U」の和訳を紹介!

それでは次に、「I I U」の和訳をお伝えしましょう。

意訳の部分もありますが、なるべく個人的な感情を持ち込まずに訳したつもりです^^;

Sometimes I think of stupid things
僕はときどき、馬鹿げたことを考えてしまうんだ
Stupidest thing that you can think
君の考え得る一番馬鹿げたことをね
How much will you be thinking of me? While I’m wasting
一体君は、どれほど僕のことを考えてくれているんだろう?
Almost everything of my life
僕が人生のほとんどを浪費している間にね

I know that it’s so weird to ask you
すごくおかしなお願いだってことは分かってるんだ
To be more like me and not you
君に、もっと僕のようになってほしいなんて
The reason that I loved you is cuz you were so far from
Who I was those days
だって僕が君を愛した理由は、君が「あの頃の僕」とかけ離れていたからなんだよ

Is it us who made it difficult??
ことをややこしくしてしまったのは、僕たちでしょう?
But it was us who made it possible
だけど、この恋を可能にしたのだって、僕らなんだよ
A thousand words will never make things
simple or clear
どれだけ言葉を並べ立てたって仕方ないから、単純明快に伝えるね
So why don’t we hold hands
If ever we meet again
もし、もう一度出会えたならさ、手をつながないか?

People ask for purpose of life
人々は皆、人生の目的を求めてる
Instead I ask for a life without one
だけど僕は代わりに、それ以外を求めるんだ
I wish for life away from
Your skin your lips your attention
僕は、君の肌や唇・心遣いといったものから、離れて生きていきたいんだよ
That is too stucked in my mind
そういったものが、僕の心を余りにも打ちのめしてくるからね

Sometimes I think of stupid things
僕はときどき、馬鹿げたことを考えてしまうんだ
Stupidest thing that you can think
君の考え得る一番馬鹿げたことをね
Hurry just to finish this life and just vanish
ああ、もうこの人生を終わらせて、消え去ってしまいたいよ
To meet you at the next
次の人生で、もう一度君と巡り合うために
Tell me which ride should I get
ねぇ、僕の進むべき道を教えてくれないか

おぅ…なかなか重く、そして切ない歌詞ですね。

ただ、敢えてストレートなタイトルを付けず、歌詞にも英語を採用したことで、作品自体のヘビーな雰囲気がうまく中和されている印象を受けました^^

スポンサーリンク?