モデルで女優の水原 希子さんが、成田空港の入国審査官の対応に「英語ちょっと勉強して」と苦言を呈し、注目を集めています。

水原さんのインスタグラム・ストーリーによれば、出入国審査の自動化ゲートにて手順が分からず戸惑っている外国人旅行者に対し、係員が日本語で「指、押して下さい」と伝えていたのだとか。

これを見た水原さんが、効率よく仕事を進めるためには空港職員も多少の英語を修めるべきだとして「Press your fingerぐらい中学生でもできるよ」と一刀両断したわけです。

SNSを通じてたびたび炎上騒ぎを起こす水原さんですが、今回の対応についても賛否両論が巻き起こっていますね。

「傍観するのではなく、水原さん自身が助け舟を出せばよかったのでは?」といった声も多く、批判めいた意見の中には「というか、Press your fingerというフレーズ自体が間違ってるよ」「あなただって中学生レベルの表現ができていない」と、水原さんが提示した英語の表現自体を疑問視するものも見受けられます。

実際のところ、「Press your finger」という言い回しは誤りなのでしょうか?



水原 希子は英語が話せない!?

その前に「そもそも水原 希子はハーフだから、英語はペラペラなんじゃないの?」と感じる方もいらっしゃるかもしれませんので、その点に関して整理しておきましょう。

確かに水原さんのお父様はアメリカ人なのですが、彼女自体は兵庫県神戸市育ちで、日常的に英語を使う環境にはなかったんですよ!

そのため英会話スクール・NOVAのテレビCMに出演し、「水原希子は英語が下手だ」という衝撃的なキャッチフレーズを口にしたこともありますね。

要は「ハーフの水原 希子が使っているのだから、Press your fingerは正しい英語だ」との図式は成り立たないということです。

ただ自身も英語の習得に四苦八苦した経験があるからこそ、日本語で押し通そうとした係員に怒りを覚えたという側面はあるかもしれません。

スポンサーリンク?

「Press your finger」は誤り?

さて、それでは英語のルールと照らし合わせて「Press your finger」は間違っているのかという話ですが、私自身は「口語的表現」として許容範囲であると考えます。

とりあえず今回問題となっているシーンで使用しても、100%意味は通じると思いますね。

「Press your finger on it」や「Press your finger here」の省略形になるのでしょうが、話し言葉と考えて不自然ではありませんし、「Pressは押すという意味の単語だけど、空港の認証は指を『置く』というイメージだから、もっとふさわしい表現があるのでは?」といった指摘は、少々細かすぎるかなぁと^^;

一応、ネイティブの人たちからも「水原さんの表現で十分意味が通じる」との意見が出ていますしね!

水原さんの投稿がちょっと上からなニュアンスだったので、それに反発したくなる心情も正直言ってよく理解はできるのですが…。

こと「Press your finger」という表現に関してのみの話であれば、間違いとはいえないというのが私の見方です。

スポンサーリンク?