パイロット(PILOT)の創立100周年を記念した企業CM「手紙を書きたくなる歌」篇の仕上がりが、とても素敵です。

パイロット(PILOT)”手紙を書きたくなる歌”篇の動画はコチラ

メールが発達した今だからこそ、心に響くものがありますよね。

吉永 小百合さんの魅力も相まって、私自身もまさに手紙を書きたくなってきました!

大変ミーハーながら、CMに登場する万年筆も気になっているのですが、こちらは何という種類の製品なのでしょう?

吉永さんと同じものを手にしたいと感じたので、詳細について調べてみました。



奥が深い!万年筆の魅力

(画像引用:https://www.pilot.co.jp/products/pen/fountain/fountain/custom743/)

それにしても万年筆って、何となく奥深いものというイメージは抱くものの、どのように選べば良いかなど今一つ分かりづらい点がありますよね。

何も知らない私が好きなものを選べといわれたら、とりあえずデザイン重視で判断するでしょうが、実際にはほとんどの方が「書き味」を確認してお気に入りの一本を見付けるといいます。

そして万年筆の書き味は、ペン先の種類・太さ・柔らかさ、軸の太さ・重さ・バランスによって決まります。

なかでもペン先の種類は数多く、それぞれの好みや用途に応えることができるよう用意されているそうです。

手の大きさや筆圧も、人によって全く違うわけですからね!

それゆえ自分に合った万年筆に出会う一番の近道は、「実際に書いてみること」というわけです。

スポンサーリンク?

CMの万年筆について紹介!

お恥ずかしながら、店舗に行けば「吉永モデル」みたいな商品が一種類だけあるものと予想していたのですが、万年筆はそのように選ぶお品ではないということですね;

そこで更に詳しく調べていくと、吉永さんが手紙を書いていた万年筆は「カスタム 743(CUSTOM 743)」という製品で、ペン先の太さは「M」であると判明しました!

実際にパイロットへ問い合わせた方もいらっしゃるようなので、間違いないでしょう。

カスタムシリーズは、本格派のための現代の書き味を追求した万年筆です。

そして今回ピックアップされているカスタム743は、大きい15号サイズのペン先を使用しているため、ゆったりとしなやかで心地よい書き味を実現しているそうですね。

吉永さんの字を拝見して、のびやかで優しい、その人柄を表すかのような筆跡だなぁと感じたのですが、カスタム743の特徴も表れていたのかもしれません^^

ただ先ほども触れたように、ペンの持ち方や筆跡、どの程度筆圧が掛かっているかといった点で書き出される文字や馴染み方も違ってきますから、「743のM」というのは参考情報と受け取り、実際に購入を決める場合には販売員の方にアドバイスを求めた方が良さそうです。

とにもかくにも、自分の個性が加わることで無限の表現を生み出す万年筆という存在に、ますます興味が湧いてきました!

スポンサーリンク?