西日本新聞が打ち出す「あなたの特命取材班」のCMが非常にユニークです!

「SNSでつながるガリレオ」篇では、地動説を唱えることで不当な扱いを受けたと訴えるガリレオの主張がピックアップされています。

トンデモな設定ではありますが、キャッチーで分かりやすいですよね^^

もう一つの「SNSでつながる主婦」篇は趣向がガラリと変わっていますが、思わず「あるある!」と叫びたくなるような設定が秀逸です!

それにしてもこちらのCMは、記者役を務めるキャラクターの声が凄く可愛らしいと感じませんか?

若い女性が担当しているようですが、声優さんは誰なのでしょう。



「福岡」を前面に押し出した構成!

(画像引用:http://c.nishinippon.co.jp/hanbai/)

他地域の方にはピンときづらいかもしれませんが、西日本新聞は福岡における非常にメジャーな新聞です。

地域の話題が細かくカバーされているため、「大手全国紙より、断然西日本新聞!」という福岡県民も多いですね。

今回のCMで紹介されている「あなたの特命取材班」という企画も、寄せられた情報提供や要望を基に取材を行っていくという趣旨のもので、購読者ファーストのスタンスが前面に押し出されています。

良い意味で「ローカル」が重視されていますから、おそらくCMの声優も福岡にゆかりのある人物だと推察しました。

スポンサーリンク?

声の主は地域密着型のVTuberだった!

リサーチの結果、CMの記者役声優さんは地域密着型のVTuberであることが判明しましたよ^^

お名前は「舞鶴 よかと」さん。

福岡中心部の地名「舞鶴」というワードと、博多弁の代表的な言い回し「よか」をベースにした名前が合わさっていることから、彼女の活動意義や立ち位置を推し量ることができますね。

ちなみに舞鶴さん本人のTwitterにおいても、CMに関する言及がありました。

こちらをチェックすると、舞鶴さんが声を務めたキャラクターは「あなぐま」の記者だったことが分かります。

ネーミングは「あなとくちゃん」といい、西日本新聞の公式マスコットだそうですね。

なお、あなとくちゃんのデザインを担当したのは谷口 亮さんで、東京五輪のマスコットを生み出したことで一躍時の人となった方ですが、彼もまたやはりといいますか、福岡在住の人物です。

とにかく福岡の福岡による福岡のためのCMというわけなのでした(笑)

さて、舞鶴さんはもともと福岡グルメの紹介動画を軸に活動していたのですが、そのキュートな声はもちろんのこと、全国的にも人気の高い博多弁の言い回しが支持を集め、じわじわと活躍の場を拡げつつあります。

「博多弁VTuber」という分かりやすいコンセプトも手伝って、今や福岡のイベントや企画等にも引っ張りだこの人気者ですね^^

デビューは去年の夏なのでキャリア自体はそう長くもないのですが、今後の活躍も大いに期待されます。

福岡県内だけでなく、福岡の良さを全国に向けて発信するような役割も担っていってほしいですね!

スポンサーリンク?