NGT48を調査する第三者委員会とは?どの機関の誰なの?

公開日:更新日: コメントなし

昨年12月にNGT48の山口 真帆さんが自宅で男性ファン2人から暴行を受けた事件が、大きな波紋を広げています。

事態は収束に向かうどころか、過激な行動でグループ活動に影響を持っていたとされる「やっかい」オタの存在や、一部メンバー及び運営側が加害者として関わっていた・あるいは隠ぺいを図っていたというセンセーショナルな続報が取り沙汰され、真実がどこにあるのか全く分からない状態になっていますね;

もし一部報道にあるように、運営自体が黒い行動に手を染めていたのだとしたら、誰を信じれば良いというのでしょう?

そんな中、AKB48グループの運営会社・AKSは1月14日にグループの公式サイトをつうじ、NGT48劇場支配人である今村 悦朗氏が異動となる人事を発表しました。

加えて後任人事や、「第三者委員会」による調査を約束したのですが、そもそもこの第三者委員会って何なんでしょう^^;

今回は、真相究明の鍵を握るかもしれない第三者委員会とは何者なのか?について解説したいと思います。



第三者委員会の意義とは?

辞書によると、第三者とは「当事者以外の人。その事柄に直接関係のない者」のことをいいます。

つまり調査という切り口でいえば、対象となる事象の当事者ではないため、客観的かつ公平な判断が期待できる立場の人たちというわけですね。

さて、最近よく耳にする第三者委員会は、不祥事を起こした企業などがそこから独立した第三者である専門家に調査してもらうことによって、信頼回復を図るために任意で設置するものです。

強制的な権限を有す機関ではないのですが、企業から独立したところで、当事者たちの「不都合な真実」を暴く役割を担うため、その調査結果は内部のものよりも信用を得やすいといえるでしょう。

そのときは痛みを伴うにしても、第三者委員会の調査結果を受け入れ改善に取り組むことは、長期的に見れば企業側にも大きなメリットをもたらします。

スポンサーリンク?

第三者委員会には誰がいるの?

第三者委員会の在り方についてはガイドラインこそ整えられていますが、法的な定めがあるわけではありません。

しかし大抵の場合、有識者である複数の委員によって構成され、その中には弁護士が含まれているようですね。

今回AKSも、第三者委員会は「弁護士や有識者ら」で構成すると説明しています。

とはいえこの有識者(ストレートにいえば、学問があり見識が高い人のこと)という表現もかなりファジーですし、どの機関の誰といった具体的なレベルの人選については何ら公表がないため、「しょせん、普段から自分たちの息が掛かった弁護士等を適当に集めただけじゃないの?」といった予想も出てきています^^;

結局は「第三者委員会により公平な目で調査をしましたが、何も出てきませんでした」と報告を上げ、無理やり騒動を終わらせるつもりではないか?という見方ですね。

確かに、第三者委員会も万能というわけではなくて、彼らが登場したにも関わらずうやむやに終わってしまった事例は多々あります。

外部の人間に一から調査させるため、時間が掛かり過ぎるという指摘も見受けられますね。

しかしやはり、客観的な「正義」を以ってことが進展するよう、願わずにはいられません。

Z軍団(Z会・ジョー会)とは?NGT48ファンクラブで太オタ優遇されてた?
NGT48の山口 真帆さんが男性二人に自宅へ押しかけられ、暴行を受けた問題が波紋を広げています。同グループの人気上位メンバーが加害者として関わっているとの噂もあり...

山口真帆の歴代総選挙順位は?NGT48での人気は何番目?
NGT48・山口 真帆さんの暴行被害騒動が波紋を広げていますね。SNS等を見ると、加害者に対する怒りの声が続々と投稿されているのですが、その一方で、「不謹慎ながら今回...

スポンサーリンク?