車の運転中にスマートフォンや携帯電話等を操作する「ながら運転」を厳罰化した改正道路交通法が、12月1日に施行されました。

ながら運転による交通事故は後を絶たず、被害者の悲痛な叫びを伝えるニュースも幾度となく流れてきましたから、「今回の厳罰化は絶対に必要なこと」と、多くの方はこの度の変更を評価している模様です。

ただ“ながら”の定義や線引きを問われても、現時点では答えに窮してしまう方がほとんどではないでしょうか?

例えば運転中に携帯ゲームを楽しむといった行為は誰が見てもアウトであるものの、極論を言えば運転以外のアクションはすべて“ながら”とみなすことができますし、自身の解釈ではOKだったものが、実は取り締まりの対象だったという事態も起こり得ると考えます。

それでも知らなかったでは済まされませんから、今回の記事では厳罰化された改正道路交通法の明確なラインについて、端的にまとめてみました。



最も気になる「携帯」の扱いはどうなる!?

さて運転中に携帯電話を手に持って通話や操作をしたり、画面を見続けたりという行為は従来でも違反とみなされていましたが、今後の違反点数は1点から3点に変更されます。

また反則金についても、普通車の場合で6000円から1万8000円と、実に3倍の引き上げになりますね。

それだけではなく、ながら運転で事故を起こしてしまうと違反点数6になるので、免許停止処分…すなわち“一発免停”です。

さらに懲役や罰金の刑罰が科される可能性があることも、念頭に置いておかなければなりません。

このように書くと、もはや車に携帯を持ち込むことすらはばかられるという声が聞こえてきそうですが、赤信号でのスマホ操作はセーフです。

ただ青信号に気付くのが遅れて後ろの車にクラクションを鳴らされてしまうなど、これが原因でトラブルに発展するケースは少なくありませんから、避けた方が良いことは明白ですし、「むしろ、そこは許しちゃうんだ…」という疑問の声も上がっています。

なおハンズフリーに関しては、「走行中に一切操作をしない」条件であれば携帯電話使用等違反には当たらないものの、走行中に終了の操作を進めることはアウトですし、イヤホンを使うのであれば「片耳」にすることがマストです。

加えて片耳イヤホンも条例で禁止されている地域が存在するので、やはりハンズフリー通話も避けた方が賢明ですね。

スポンサーリンク?

まさかカーナビもアウトなの!?

なおカーナビは基本的に見ても大丈夫なのですが、一般的な法解釈では運転中にカーナビを2秒以上続けて見てしまうとアウトとされています。

すなわちナビ代わりに置いてあるスマホでも、2秒以上続けて見ると違反になる可能性がありますね。

この“2秒”という微妙な時間をどう測定するのかという点が今一つ理解できませんし、やはりカーナビについても「走行中に注視する、操作するのは違法」との認識を持ち、運転中はほとんど目をやらない方が良いでしょう。

一方、運転時における装置の操作やモニター画面の注視などが禁止されているという点で、テレビ動画を見ながら運転するという行為は“ながら運転”の最たるものです!

とにもかくにも今回の厳罰化を機に、より一層運転への意識を高めていくことが求められるでしょうね。

個人的には先ほど紹介した2秒の下りなど、何となく腑に落ちない部分もまだまだある改正道路交通法ですが、どれだけ注意しても“し過ぎる”ということはないと考えます。

一番の目的はペナルティを課せられたくないというよりも、やはり「不幸な事故を減らす」ことにあると思うので、ながら運転に限ったことではなく、より一層の安全運転を心掛けたいですね^^

スポンサーリンク?