さる1月23日、草津白根山が噴火するという大変ショッキングなニュースが日本中を駆け巡りました。

いきなりの噴火だったため、12人もの方が死傷されたということで、本当に心が痛みます。

私は以前白根山を訪れたことがあったので、雄大な景色と美しい自然に圧倒された記憶が思い出され、「あの山がそんな災害をもたらしたのか…」と、個人的にもとてもショックを受けました。

白根山周辺には、全国的にも有名な温泉やスキー場もありますから、観光の予定を立てていた矢先…という方も多くいらっしゃったのではないでしょうか?

ということで今回は、白根山噴火の影響で近隣の万座温泉やスキー場の営業はどうなっているのかを調査してみました。

スポンサーリンク?

万座温泉、草津温泉ともに通常営業しています^^

まず、白根山のふもとに位置する万座温泉についてです。

万座温泉は、噴火した本白根山からは2.7Kmと近いものの、入山規制が敷かれたのは山頂から2Km範囲内ですので、これ以上の活動激化がなければ避難指示が出ることはありません。

実際に「万座温泉観光協会」の公式HPも調べてみたのですが、「噴火から現在に至るまで、万座温泉での被害はありません。」「ホテル・旅館・スキー場は通常営業をしております。」との明確な案内を見付けることができました。

万座温泉観光協会

そのあとに添えられた、「皆様のお越しをお待ちしております。」という一言に、何だか安心してしまいました^^

当然ながら、それより遠方の草津温泉も通常営業中なのですが、すでに延べ2万人もの宿泊キャンセルが入り、観光業は大打撃を受けているとのこと。

危険区域へ近寄らないようにすることは当然なのですが、正しい情報を入手し、風評被害に踊らされないように気を付けなければ、安全とされる地域で日常を送っている方たちにまで二次被害が及んでしまうんだなあと思い知らされます。

スポンサーリンク?

草津国際スキー場やその他のスキー場は?

(画像引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/草津国際スキー場)

次に、今がまさにシーズンであるスキー場について調べてみました。

今回大きな被害が出た「草津国際スキー場」は、全部で8つのコースやゲレンデがあるのですが、「御成山ゲレンデ(初・中級)」と「天狗山ゲレンデ(初〜上級)」の2つについてのみは安全が確認され、レストランなども含めて通常営業が行われているようです。

また、「草津国際スキー場」以外のスキー場については全リフトが稼働し、全面走行が可能だということでした。

調べてみると、私が予想していたよりもずっと広い地域で、通常の営業が行われているんだなあという印象ですね。

現在もさまざまな情報が関連ページにて発信されていますので、そこから確かな情報を得た上で、観光の予定を立てていただきたいと思います。

何となくのイメージで、「白根山付近に近づいてはいけない」と決めつけてしまうのは、間違いであると言えそうです。

スポンサーリンク?