(画像引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/喜多方市)

任期満了に伴う福島県の喜多方市長選挙は、1月21に告示され、同28日に投開票が行われます。当記事では28日の即日開票に合わせ、どこよりも早く且つ正確に結果速報を更新していきます。

立候補したのは、元市職員である菅野康裕氏(62)と、県議を務めていた遠藤忠一氏(70)のいずれも無所属新人2候補で、喜多方市が抱える少子高齢化対策や、雇用創出などがその争点になっています。

なお、28日の投票時間は午前7時から午後7時まで、1月20日時点での市選挙人名簿登録者数は、4万1,095人(男1万9,439人、女2万1,656人)となっています。

スポンサーリンク?

無投票が予想されていた中「急転直下」一騎打ちでの選挙戦へ突入

現職である山口氏が、引退を表明したことを受けた喜多方市長選は、先年末になっても対抗候補がいないかったため、「無投票」も取りざたされていました。

そんな中、今年に入った1月9日急きょ出馬を表明した菅野氏は、

「首長は選挙によって審判を仰ぎ、市政運営すべきだ」

と、無選挙による市長誕生に待ったをかけました。

同氏は、先端技術の開発支援による働く場の確保や、待機児童の解消などの公約を掲げ、組織の支援は求めず「草の根運動」に徹する、地道な選挙戦を繰り広げています。

【菅野康裕(かんのやすひろ)氏プロフィール】

生年月日:1955年2月17日
出身地:福島県喜多方市
出身校:県立喜多方工業高校(現:喜多方桐桜高校)
党派:無所属
主な経歴:喜多方市役所入所後、総合政策部長、建設部長を歴任後、喜多方市ふるさと振興(株)専務取締役に就任。

一方、急転直下の選挙戦にも慌てることなく、動じない姿勢をのぞかせる遠藤氏の出陣式には、福島県選出の菅家一郎衆議院議員が応援に駆け付けるなど、組織戦で菅野氏を迎え撃つ体制。

同氏は、学校給食費の負担軽減や地域医療体制の充実などを掲げるほか、同じく応援に駆け付けた、周辺の地方自治体の首長や支援者に向け、

「『復興・創生期間』が終わる2020年度までが勝負。」

と述べ、震災からの復興のさらなる進展をその政策方針に据え、実に6期にわたり務めあげてきた県議時代につないだ「国や県との強いパイプ」を、それに生かすことを強調しました。

【遠藤忠一(えんどうちゅういち)氏プロフィール】

生年月日:1948年1月26日
出身地:福島県喜多方市
党派:無所属
主な経歴:福島県議(6期)、任期中は県議会議長、自民党県連幹事長などを歴任

スポンサーリンク?

菅野氏の準備不足が否めない情勢

無選挙での首長誕生に対する、支持者たちの非難・不満の声を受けて、出馬を決めた菅野氏ですが、いかんせん告示前2週間という出馬表明となり、結果的に見て激しい選挙を戦い抜くための準備期間が、あまりにも短か過ぎたイメージ。

地道な活動で、票の掘り起こしを図っているものの、少々苦戦を強いられているのが現状です。

また今回の市長選には、元市議会議長の伊藤弘明氏が、先年9月の第界で出馬を表明いました。

ですが、共に自民党県連で幹部を務めてきた、遠藤氏の出馬表明を受けて後援会と協議した結果、「今回は無理に戦わなくてもいい」との結論に至ったとして、出馬を断念。

これにより、自民党支持層を一本化できた遠藤氏が、かなり優勢に選挙戦を進めている模様です。

スポンサーリンク?