以前、友人が「ケンタッキーCMの『食べたくなるなる!』というフレーズが、催眠術を掛けられているようで嫌い」と話していたのですが、現在放送されているケンタッキーフライドチキンのCMも、かなり不評を買っているようですね^^;

ローストチキンサンド「サンドのうた」篇と銘打たれたこちらのCMでは、実においしそうなサンドと、それを幸せそうにほおばる人々の姿が描かれているのですが、問題になっているのはBGMの部分です!

公式に「サンドのうた」と紹介されているCMソングが耳障りで仕方ないと、多くの方が不満の声を上げているんですよ;

一部には、昭和を代表するヒットソングのパロディでは?という憶測も流れているようですが、実際のところはどうなのでしょう?



妙なメロディと歌詞にイライラ!?

(画像引用:https://www.kfc.co.jp/top.html)

サンドのうたの歌詞は非常にシンプルで、「ケンタッキーには~ ローストチキーンサンドが~ ローストチキーンサンドが~ あるんだよ~ あるんだよ~ あるんだよ~」というフレーズで構成されています。

まずはこの「反復」する言い回しが、人々をイラつかせているようですね。

加えてクセのある和テイストの曲調と、調子はずれな歌い方がさらに追い打ちをかけ、一部視聴者に怒りにも似た感情を抱かせています。

SNS等をチェックすると、

・ケンタッキーのCM、まじで腹が立つ。歌詞がしつこいわ

・なんだか不協和音みたいな感じで、聞いててイライラすると同時に、すごく不安になってくる。本来大好物のケンタッキー自体に拒否反応が出るレベル

・CMが流れるたびに耳をふさいでる!同じような人がいっぱいいるみたいで良かった

等々、想像以上の嫌われっぷりでした。

と同時に、音楽自体に関しては「どこかで聞いたことがあるような?」と感じている人も多いようですね。

スポンサーリンク?

「月亭 可朝」へのオマージュか?

どこで聞いた覚えがあるのか、自分の中ではっきりしていない方も見受けられるものの、様々な意見を総合するに、サンドのうたから連想されている曲は月亭 可朝さんの「嘆きのボイン」であると思われます。

同楽曲はもともと1969年に発売されたコミックソングなのですが、その良い意味でしょうもない歌詞やインパクトのある曲調から、80万枚の大ヒットを飛ばしました。

昭和を代表するレベルの有名曲であり、発売当時は生まれていなかった私も「ちびまる子ちゃん」のネタでその存在は知っていますね。

また、昨年月亭 可朝さんが亡くなった際にもワイドショー等で散々流れていましたから、これをきっかけに何となくメロディを覚えた方も多いでしょう。

実際のところ、サンドのうたが月亭 可朝さんへのオマージュ、あるいは嘆きのボインのパロディである可能性は、かなり高いと考えます。

しかしながら、ケンタッキーサイドはこの点について何ら言及していません。

原曲の歌詞が下ネタ寄りであるだけに、公然と「元ネタにした」とは言いづらい事情があるのでしょうか^^;

ともあれ、一度元ネタの方を聞いてみれば、CMから感じる言いようのないモヤモヤ感も多少は改善されるかもしれませんね!

スポンサーリンク?