YouTubeで99万人ものフォロワーを持つ「けみお」

次世代アイコンとも称される彼が歌う「どこまでいっても渋谷は日本の東京」のMVが公開され、注目を集めています。

一聴しただけでは、耳心地の良い音だけを並べた余り意味のない歌詞なのかな?という印象を持ったのですが、曲全体の持つ不思議な魅力を感じて繰り返し耳にするうち、歌詞も何だか良いことを言っているっぽいぞ?と考えるようになりました。

同じく、この曲の歌詞をちゃんと知りたい!との声が多く上がっている様子でしたので、今回の記事では「どこまでいっても渋谷は日本の東京」の歌詞を全編紹介したいと思います!

スポンサーリンク?

そもそも「けみお」って何者なの!?

と、その前に。

「けみお」という人物が何者であるかについて、今一度おさらいしておきましょう。

けみおは、現在アメリカを拠点に活躍している動画クリエイターです。

VineやYouTubeといったデジタルプラットフォームを活用し、独特のテンポと口調を交えながら身の回りの出来事を動画投稿するスタイルで、じわじわと知名度を上げていきました。

恵まれた外見とファッションセンスを生かし、モデルとしても活動を続けていますね。

しかし何より彼を有名にしたのは、独特の感性から生み出される「けみお語」でしょう!

気分の高まりを意味する「あげみざわ」は、「2018年上半期のJC・JK流行語大賞 コトバ部門」1位に輝いた注目のワードですが、こちらを流行らせたのもけみおです。

彼がいかに存在感のあるインフルエンサーであるか、よく理解できますよね。

スポンサーリンク?

元気が出る歌詞も「けみお」自身によるもの

「どこまでいっても渋谷は日本の東京」は、けみおが自身のYouTube動画内でしばしば口ずさんでいたフレーズをタイトルに冠したアップテンポなナンバーで、11月2日に配信リリースされました。

MVはグリーンバックを使用して撮影されたもので、けみおがガラケーや2000年代に発売されていたタカラのカラオケ玩具「e-kara」を持って歌い踊る様子がまとめられていますね。

気になる歌詞の内容も、とにかくけみおワールド全開の仕上がりとなっています。

実のところこちらのナンバーは、作詞・作曲ともにけみお自身が手掛けたということで、その多才ぶりには本当に驚かされるばかりです。

歌詞の内容も、流行を追いながらも励ましを与えてくれる仕上がりとなっており、SNSをチェックしたところ、

・けみおの曲、普通に良いこと言ってるよね。面白いだけじゃない。元気が出る
・けみおの曲が好きすぎる!落ち込んでてもコレを聞くと気分が明るくなる
・中毒性のある歌詞に夢中になってる。仕事終わりの疲れた時間にもオススメ

といった絶賛の声が上がっていました。

けみおは、人を元気にする天才なのかも知れませんね^^

スポンサーリンク?