鎌倉市長選挙2017結果速報!選挙日や立候補者、情勢予想も紹介

公開日:更新日: コメントなし

(画像引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8E%8C%E5%80%89%E5%B8%82)

任期満了に伴う神奈川県鎌倉市長選は、10月15日に告示されました。同22日に投開票が行われます。当記事では22日の即日開票に合わせ、結果速報を更新していきます。

立候補したのはいずれも無所属で、元NHK記者で新人の飯田能生氏(55)、著述業で新人の岩田薫氏(64)、弁護士で新人の石田智嗣氏(55)、3選を目指す現職の松尾崇氏(44)の4人です。

10月22日の投票時間は7~20時までで、即日開票します。選挙人名簿登録者数は、10月14日現在で15万30人(男70,352人、女79,678人)です。

スポンサーリンク?

最新の開票結果はコチラ

当選 松尾崇   46,666票

   飯田能生  20,816票

   岩田薫     9,893票

   石田智嗣    8,247票

 

鎌倉市長選の争点やポイントなどを解説

鎌倉市長選の争点は、市役所本庁舎の移転、新たなごみ焼却施設の建設の是非などが問われます。さらに、市役所内部で続発する不祥事の再発防止なども挙げられます。

 

【4候補の公約や主張など】
▽飯田氏
・停滞市政からの脱却
・歴史と自然が調和した持続可能なマチづくりのモデル都市を目指す

▽岩田氏
・家庭ごみの有料化廃止、文化財保護政策の推進
・市民オンブズマン制度導入で市役所の不祥事撤廃

▽石田氏
・受動喫煙防止の徹底と市の不祥事の撲滅
・法律サービスの充実と市庁舎建て替え

▽松尾氏
・財政健全化の実績をアピール
・待機児童の解消などで子育て支援の充実

スポンサーリンク?

立候補した4人はどんな人?プロフィールや経歴を紹介

飯田氏は早稲田大学法学部卒業後、1987年にNHKに記者として入局。「BSニュース」「ニュース7」「おはよう日本」などのニュース番組などの制作に携わってきました。

岩田氏は東京都立三鷹高校を卒業後、雑誌社でライターとして勤務。1991年に長野県軽井沢町議選に初当選し、1期務めました。前回2013年の市長選で落選しています。

石田氏は早稲田大学政治経済学部を卒業後、出版社や不動産会社勤務を経て弁護士になりました。北大法科大学院で講師歴もあり、湘南で法律事務所も代表を務めています。

松尾氏は日本大学経済学部を卒業後、1996年日本通運に入社。2001年鎌倉市議選で史上最年少でトップ当選。07年神奈川県議選、09年鎌倉市長選で初当選しました。

 

飯田能生(いいだ・よしき)氏

f:id:supplex:20171020103501p:plain

生年月日:1962年6月5日
出身地:神奈川県鎌倉市
出身校:早稲田大学法学部
党派:無所属
職歴:NHK記者、チーフプロデューサー

 

岩田薫(いわた・かおる)氏

f:id:supplex:20171020103544p:plain

生年月日:1952年12月27日
出身地:東京都
出身校:東京都立三鷹高校
党派:無所属
職歴:フリージャーナリスト、長野県軽井沢町議(1期)

 

石田智嗣(いしだ・ともつぐ)氏

f:id:supplex:20171020103623p:plain

生年月日:1962年4月11日
出身地:神奈川県
出身校:早稲田大学政治経済学部
党派:無所属
職歴:弁護士、元北海道大学法科大学院非常勤講師

 

松尾崇(まつお・たかし)氏

f:id:supplex:20171020103655p:plain

生年月日:1973年9月6日
出身地:神奈川県鎌倉市
出身校:日本大学
党派:無所属
職歴:鎌倉市長(2期)、鎌倉市議、神奈川県議を通算8年

 

鎌倉市長選の情勢は、予測しづらい状況です。最近では市役所内で金銭を巡る不祥事にが続出しています。当然、市長の松尾氏の責任を各候補が追及しています。松尾氏VS石田氏VS飯田氏の事実上の戦いになるでしょう。

 

当記事では10月22日の即日開票に合わせ、結果速報を更新していきます。

スポンサーリンク?