(画像引用:http://www.nogizaka46.com/member/)

30日に乃木坂46の生駒里奈さんが卒業を発表しました。

31日の日刊スポーツには乃木坂46の生駒里奈さんの独占インタビューが掲載されていますが、インタビュー内では卒業の理由や卒業後について語っています。

今回は私個人の意見も含めて、生駒さんが卒業した理由を記事にしたいと思います。

スポンサーリンク?

22歳という区切り

日刊スポーツによると、卒業を意識したのは20歳になった時だそうです。

そして、卒業を決意したのが22歳。22歳と言えば、世間的には大学卒業、社会人1年目のタイミングになります。

卒業後も芸能活動は続けていくそうです。卒業コンサートの日時は今のところ未定です。

ちなみに「結婚するから卒業」ではないそうです(笑)

結婚願望は無いと語っていますが、そう言ってグループを卒業後、早期に恋愛、結婚、出産するアイドルは結構多いですよね^^;

まぁ、恋愛解禁になりますので、文字通り「自由恋愛」をしても何も問題は無いのですが…

スポンサーリンク?

今の乃木坂46の路線には生駒里奈は合わない?

生駒さんと言えば、グループ結成当時は乃木坂の顔でした。

1stシングル「ぐるぐるカーテン」から5thシングル「君の名は希望」まではセンターを務めています。

その後、しばらくはセンターから遠ざかり、12thシングル「太陽ノック」で再度センターに抜てきされます。

多分、卒業前にもう一度、彼女がセンターの曲が発売されると思いますが、個人的には乃木坂が世間的に有名になったのは6thシングル「ガールズルール」以降だと思っています。

(画像引用:『Ray』2016年12月号&『non-no』2016年9月号)

生駒さんファンには怒られるかもしれませんが、今の乃木坂人気を支えているのは「女性人気」だと私は思っています。

乃木坂のファン層に男性が多かったのが生駒さんセンター期で、女性ファンが増えたのがそれ以降と個人的には考察しています。

乃木坂46を知らない、グループとしてはファンではない方でも、雑誌モデルとして白石麻衣、橋本奈々未(卒業生)、西野七瀬、松村沙友理、齋藤飛鳥あたりを好きだったり、個人としてファンという女性は多いはずです。

生駒さんは彼女たちとは明らかに路線が違います。

2016年加入した3期生の顔ぶれからも、今後も乃木坂は「女性ウケするアイドル」を目指していくと思われますので、生駒さん自身もその辺を意識した卒業だったのではないかと個人的には思っています。

もちろん、生駒さんを否定している訳ではありません。

生駒さん無しには今の乃木坂46は無かったと言っても過言ではありません。彼女の存在はグループにとって本当に大きかったと思います。

卒業後も芸能活動も期待大です^^

乃木坂工事中の生駒里奈の赤い発疹(アザ)の原因は?湿疹?(3月11日放送)
2018年1月末、「生駒 里奈」さんが、20thシングルを以って乃木坂46から卒業することを発表しました。これは、結構な衝撃でしたね…。2011年に1期生としてデビューして...

スポンサーリンク?