(画像引用:http://biz-journal.jp/2018/01/post_21923.html)

年が明けてもいまだ熱の冷めない「日馬富士暴行問題」に関する報道。

その渦中で、貴乃花親方に対しキッパリと「貴乃花さんが率直に真実を話していただければ、ここまでのことはなかった」と批判し、注目を集めている「池坊 保子(いけのぼう やすこ)」氏をご存知ですか?

この方についてはネットにも多数の記事がアップされており、「池坊家元夫人」として紹介されているのですが、ここで疑問が!

「元夫人」ということは、離婚歴がある人なのでしょうか?

しかし離婚した女性に対して、「元夫人」表記で紹介するというのも、なかなかすごい話ですよね^^;

ということで、その辺りの真相について、彼女の経歴や離婚経験の有無等を絡めながらリサーチしてみました!

スポンサーリンク?

「池坊家・元夫人」ではなく「池坊・家元・夫人」

まず、保子氏ついて詳しく調べてみたところ、政治家や大学理事等、数々の輝かしいキャリアをお持ちの方だということが分かりました。

まさに「大物」という言葉がピッタリの、すごい女性のようです。

ちなみに夫の「池坊 専永(いけのぼう せんえい)」氏は、華道池坊の家元に当たる方なんですね~。

保子氏も天皇家にゆかりがある家柄ということですから、ものすごい名門出同士のご夫婦と言えるでしょう。

(画像引用:http://www2.fukujo.ac.jp/WEBLOG-NAME/mc/2009/11/post_451.html)

さて、ここである真相が発覚しました。

このご夫婦に、離婚の事実はないようなのです!

ではなぜ、「元夫人」なんて書かれているの!?と調べてみると、答えは単純でした。

保子氏は、「池坊家・元夫人」ではなく、「池坊・家元・夫人」なんです^^;

ちなみに「家元」とは、「日本の芸道などを家伝として承継している家系」を指す言葉で、「池坊」の名に掛かる言葉だったんですね。納得!

スポンサーリンク?

過去のスキャンダルのイメージから離婚の噂が出てしまったようです^^;

ということで、活字にした際の表記に紛らわしさがあったことは否めませんが、それにしたってどうして事実と異なる離婚の噂が立っていたのでしょう?

実際ネットには、保子氏は離婚歴のある女性だと信じている方が多数いるようでした。

そこで、更にリサーチを進めてみたところ、彼女には様々なスキャンダルが付きまとっていることが判明したのです。

現在も、貴乃花親方との関係性においてバッシングの矢面に立たされることのある彼女ですが、若いころからセミヌードを披露したり、その地位を利用した口利きのうわさがささやかれたりと、何かと話題の女性だったようですよ。

そのようなイメージもあって、「元夫人」という紛らわしい表記を、「離婚」に直結させた方が多数いたのかもしれません。

華々しい経歴の人ほど、取り巻く環境にはいろいろとあるのかも知れませんね。

とにもかくにも、今後の彼女の言動から、まだまだ目が離せそうにありません!

スポンサーリンク?