数日前より各種SNSやまとめサイトにて、やたらと「破産者マップ」なるワードを目にするなぁとは感じていたのすが、どうやら私が想像していた以上に騒ぎが大きくなっているみたいですね;

破産者マップというネーミングからして穏やかではありませんが、どのようなものなのか・誰でも閲覧できるのか等々、疑問は尽きません。



全国の破産者を視える化!?

破産者マップとは、一言でいえば「自己破産者たちをマップ上で一覧化したサイト」のことです。

破産すると、政府が発行する「官報」にその旨が掲載されるのですが、この情報を誰もが閲覧できるサイトとしてまとめ、かつ分かりやすいようにGoogoleマップ上に表示したものが破産者マップなのです。

そして官報と破産者マップの大きな違いは、閲覧の「手軽さ」だけではありません。

実のところ、官報に掲載された破産を含む裁判所項目の閲覧は「直近30日分まで」という期限があるのですが、破産者マップにはそれ以前の情報もさかのぼって掲載されおり、債務者の【名前】【住所】【官報公示日】【裁判所】【事件番号】等の情報もつぶさに確認できるようになっているのです!

正直、この話を耳にした当初は「そんなサイトがあるわけないじゃん!」と感じ、冗談かと思ったんですよ。

しかしながら破産者マップは現実に存在していて、登場直後から凄まじい勢いで注目を集めているのです。

現在、同サイトにはアクセスが集中しているらしく、サーバーがパンクして閲覧自体が不可能となっています。

破産者マップのサイトURLはコチラ

私も今しがた破産者マップに飛んでみたのですが、何も表示されませんでしたね。

サーバーがパンクしている以上、今はただ待つしか術がありません。

ただ仮に事態が落ち着いたとしても、もう同サイトの内容を閲覧することは不可能かもしれませんよ…。

スポンサーリンク?

破産者マップは閉鎖に追い込まれる?

破産者マップの登場は相当センセーショナルに受け止められ、賛否両論が巻き起こりました。

「破産したヤツの情報なんか、どんどん晒してやれ」「破産者マップをチェックしてみよう。破産者が近くにいたら、絶対関りたくないもん!」という風に、「賛」の方の意見も余り気持ちの良いものではありませんね^^;

ただそれ以上に「否」の声は多く、既に「集団訴訟」の動きまで出ているんです!

弁護士曰く、訴訟になった場合「プライバシー権侵害として、損害賠償の対象となる可能性は十分にある」らしく、個人情報保護の観点から違法性が認められる可能性は非常に高いようでした。

なお、サイトを仕掛けた「破産者マップ 係長」なる人物も自身のTwitterにて「マップの使われ方が、僕が期待する使われ方と違う使われ方をされていると聞いて、とても悲しい気持ちでいっぱいです」との意を表明しており、本来同サイトには「隣人を助けるためのツール」の役割を期待していたと語ります。

破産者マップのサイト運営者のTwitterはコチラ

真意の程は分かりませんが、一連の投稿からはサイトの状況や本人の心情の変化をありありと読み取ることができ、運営に対するモチベーションがかなり下がっていると見受けられます。

外部からの圧力か、内部の事情に起因するかは定かでないものの、破産者マップが消滅する日がまもなくやってくるような気もしました。

スポンサーリンク?