韓国政府が日本との軍事情報包括保護協定「GSOMIA」を継続せずに破棄することを発表し、久しく続く険悪な日韓関係も来るところまできてしまったという印象ですね。

韓国国内では反日感情が爆発しているとの報道も、連日のように見掛けます。

しかしそのような状況にあって、韓国の人々が「反日種族主義」なるものに大変な関心を寄せていることをご存知でしょうか?

今話題の反日種族主義とはどのようなものなのか、分かりやすいYouTube動画も紹介しつつ、概要をお伝えしたいと思います。



「反日種族主義」とはどのようなもの?

反日種族主義とは、現在売れに売れている「韓国のベストセラー本」の書籍名です。

同書は李栄薫ソウル大学名誉教授ら6人の学者による共著であり、ざっくりいえば「親日は悪であり、反日こそが善だ」という意識がはびこる韓国社会を、痛烈に批判した一冊となっていますね。

「歴史問題に関する嘘や無知、誤解に基づく韓国の『反日』は、未発達な精神文化の表れであり、これを克服しなければ韓国社会の発展はない」という考え方を軸に、最近の韓国社会の雰囲気とは真逆に置かれる内容が展開されているわけです。

ちなみに反日種族主義という言葉は、「日本を絶対悪・朝鮮を絶対善として、事実と異なった主張を繰り広げる背景にある考え方」と定義されているようですよ!

スポンサーリンク?

日本語版は発売されているの…?

本のあらましに関しては、YouTubeの「コウ Ko TV」にて公開された「今韓国で大話題になってる本の紹介。」という動画がとても参考になると思います。

反日種族主義という書籍もそうですが、こちらの紹介においても韓国人の方が日本側に肩入れするような意見を述べており、長年激しい反日感情に晒されていた日本人からは「勇気をもって真実に触れてくれて、本当にありがとう!」という感謝の声が続々と上がっていますね。

実際各種報道や関連動画を見ていると、反日種族主義を読んでみたいという感情が強く沸き上がってきます。

ただ残念なことに、現状で反日種族主義は韓国語版しか発売されておりません。

日本語訳が刊行されるという情報も、まだ流れていませんね。

とはいえ日本国内からは、「反日種族主義という本を、是非自分で読んで解釈してみたい」との希望が続々と上がり始めています。

読者のレビューに目をとおすと、英語にて「これは英語でも出版されるべき本だ。韓国と日本の間に存在する、本当の歴史を知ることができる」との声も寄せられており、日韓以外の国でも関心が高いことが伺えますね。

このような状況ですから、反日種族主義は今後各国の言語に訳されていくものと予想します!

少なくとも日本語版・英語版に関しては、近日中に話が出てくるのではないでしょうか?

現状はAmazon等で韓国語版を買い求めることしかできずハードルが高いですが、日本語で読める状態になったら是非手に取りたいものです。

嗤韓とは?読み方や意味、嫌韓との違いを分かりやすく解説!
日韓関係が悪化の一途をたどる中、ネット上にて「嗤韓」というワードが急速な広がりをみせています。一見しただけで何となく良くないワードであることは伝わってきます...

スポンサーリンク?