深田 恭子さん、新木 優子さん、リリー・フランキーさんが出演する「キリン 午後の紅茶」の新CMシリーズがスタートしました!

三者三様の魅力が詰まっており、大人な雰囲気の仕上がりですね。

春らしいさわやかなBGMもすごく素敵だと感じましたので、詳細について調べてみました。



BGMはイギリス民謡だった!

驚くべきことに、今回のCM音楽はもともと「イギリス民謡」なのだそうです!

民謡と聞くともっとエスニックでこってりとしたイメージを抱くのですが、イギリスにはこのようなタイプの曲も存在しているのですね。

タイトルは「The more we get together」いい、その親しみやすいメロディから手遊び歌としても浸透しています。

歌詞の内容が「みんな集まろう!僕たちは友達さ」といった趣旨のものなので、いわゆるキッズソングとしての人気が高いですよ^^

ちなみに今回のCMにおける歌と演奏は、オランダが生んだポップ・マエストロこと「ベニー・シングス」が担当しています。

「コーネリアス」との共演を果たすなど、日本にもゆかりのある注目のアーティストですね。

スポンサーリンク?

甘すぎない紅茶が主流になる?

(画像引用:https://www.kirin.co.jp/products/softdrink/gogo/)

なお、先ほどのCMについては各出演者のソロバージョンも存在します。

「午後の紅茶」の公式広告ギャラリーはコチラ

曲は全て「The more we get together」で統一されていますが、新木さんとリリーさんは午後の紅茶「おいしい無糖」を、そして深田さんのみが新発売の「ザ・マイスターズ ミルクティー」を紹介していますね。

2つの味の共通点は「甘くない」という点です。

午後の紅茶といえばストレートティーでもかなり甘みが強く、それはそれで疲れているときなどは非常に美味しいのですが、一部の紅茶ファンからは「甘ったらしい。果たしてこれを紅茶と呼んで良いものか?」との声も上がっていました^^;

加えて近年、素材や味わいにこだわった無糖、もしくは甘さを抑えた飲料の需要が高まっていることもあり、午後の紅茶シリーズもシフトチェンジを図ったようですね。

ザ・マイスターズ ミルクティーも社会人となり甘さから離れる顧客に対して「カロリーを気にせず楽しめる甘くない微糖ミルクティー」である点を前面に打ち出しており、大人の気分転換にふさわしい味覚が楽しめるといいます。

このような背景を知ってみると、以前から起用されていた新木さんに加え、大人の魅力たっぷりの深田さん&リリーさんが登場するに至った意図まで理解できると感じました。

映像に色どりをプラスするベニー・シングスの音楽も非常に洗練されていますし、今回のCMはまさに大人たちをターゲットにしたものだといえそうです。

私自身、今回発売されたミルクティーが従来のものとどう違うかも気になりますし、同CMきっかけで新しい午後ティーに興味を持った方も多いのではないでしょうか^^

スポンサーリンク?