ここのところ、信じられないほど寒い日が続いていますね^^;

都心をはじめ、余り寒さに慣れていない地域でも積雪が見られるなど、その影響もかなり大きなものになっています。

ネットを見ていると、日常生活にも支障をきたしている方が多くいらっしゃいますが、特に目に留まるのが、「給湯器が凍結してしまってお湯が出ない!」という声。

この寒いのにお湯が使えないなんて、死活問題ですよね。

ということで今回は、給湯器凍結によってお湯が出ない場合の対処法と取るべき対策についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク?

お湯をかけると水道管が破裂する危険があります!

厳しい寒さによってお湯が出なくなることの原因はとても明快で、屋外に設置された水道管や給湯器内の水が凍結してしまうことにあります。

「それなら、凍った部分を溶かしてしまえば解決するじゃない!」と思われますよね?

その通りなんですが、気を付けたいのはそのやり方。

少しでも早く氷を溶かしたいからと、「熱湯をぶっかける」という豪快なやり方が一部ネットユーザー内で推奨されているのですが、実はこれ、とっても危険なので、絶対にやめてください!

水は氷になると体積が増えますから、凍結時、水道管はパンパンの状態なんです。

その上で熱湯を掛ければ、水道管は急激に膨張し、ついには破裂してしまう可能性があります。

(画像引用:https://takara-bcc.co.jp/user_data/manual_touketu.php)

ですから一番良いのは、凍った部分が自然に解けるのを待つという方法。

「そんなの待てない。すぐにお湯が使いたい!」という場合は、人肌程度のぬるま湯をタオル越しにゆっくりかけていく…という方法もありますが、前述のとおり、無理な解凍は水道管破裂や給湯器破損の恐れをはらんでいるため、余りオススメはできません。

凍結は、夜間にお湯を使用しないことによって明け方に気付くことがほとんどだと思いますので、そのまま気温が上昇して自然と凍結が収まってから、破裂や水漏れが起きていないか確認した上で使用を再開しましょう!

なおこの間、給湯器の電源はオフにしておきましょうね^^

スポンサーリンク?

凍結の防止策としては、断熱材や、給湯器の「凍結防止機能」の利用をおススメします。

また、水の動きがないと凍結の可能性が高まりますので、給湯器の電源をオフにした上で、お湯が出る蛇口から水を出しっぱなしにしておくのも良いでしょう。

逆に水抜きを行い、給湯器内の水を完全になくしてしまうのも一案ですね。

水道管が破裂してしまったり、給湯器が故障してしまったという場合には、地域の水道局やメーカーに問い合わせを行ってください。

おかしいな~と思いつつ使用を続けることは漏電事故などにもつながりますので、慎重に状況を判断し、適切な対処を行うようにしましょう。

スポンサーリンク?