【DQB2】ドラクエビルダーズ2のバグが多い原因・理由とは?

公開日:更新日: コメントなし

12月20日にPS4及びSwitchで同時発売された「ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島(以下、DQB2)」が好調な売り上げを記録しています。

ブロックでできた世界を壊して再構築しながら冒険する「ブロックメイクRPG」の第2弾となる本作は「ドラゴンクエストII 悪霊の神々」をモチーフとしており、当然発売前からファンの期待も高かったのですが、ここのところはゲーム自体の内容以外にも注目が集まっていますね。

というのもDQB2はリリース直後より、「とにかくバグが多い」ことが確認されているのです!

これ程の人気コンテンツがなぜバグだらけに仕上がってしまったのか、理由を考察してみました。



次々と発見された重大なバグ…

スクウェア・エニックスのサポートセンターをチェックしてみると、なるほど異常なまでにバグが頻発している様子を確認することができます。

その都度アップデートが行われて微調整が入ってはいるのですが、中には進行不可となるような重大な不具合も認められており、ユーザー側からすればもはや恐怖しかありませんよね;

ゲーム自体の評価はそれなりに高く、「バグがあってもやっぱり面白い!」との声が多数上がっているのですが、それだけに作品の本質にケチをつけるような事態が起きていることは残念でなりません。

今後もしばらくは、サポートセンターをチェックしながらのプレイを余儀なくされるでしょうね…。

スポンサーリンク?

開発環境に問題があった!?

大手ゲーム会社がデバッグすらまともにできないのか?といった疑問が噴出する一方で、冷静なファンたちからは「そもそもの開発環境に問題があったのだろう」との見立てが寄せられています。

当初は夏ごろとされていた発売時期が大幅に遅れたことも、そういった推察の根拠となっているようですね。

DQB2はあくまで「スピンオフ」という位置づけのため、厳しい予算や時間的制約の中での「突貫作業」を余儀なくされたのだろうというわけです。

延期の理由については「クオリティアップのため」との発表が行われているものの、このような言い回し自体が人数不足でマスターアップが間に合わない場合の常套句であるという指摘もあり、金もスタッフも全く足りなかったのでは?という同情的な見方も少なくありませんでした。

そんなわけで今回のバグについては、「現場にいる人間のスキルというより、上層部の対応がまずかったことが原因」と断罪する意見が大半を占めています。

まぁ、その上層部の人たちにだっていろいろと難しい事情があるのでしょうが、お金をもらいサービスを提供する企業として、一連の対応は全く言い逃れできるものではないと感じますよね。

今後、同じような失敗を決して繰り返さないことが、スクエニに課せられた使命ではないでしょうか?

スポンサーリンク?