ドコモのCM Style’20「新しい感動篇」が出色の仕上がりです。

東京2020に向けて鍛錬するアスリートたちの姿に、佐藤 健さんの真剣なまなざしが重なり、見ているこちらまで胸が熱くなってきますね。

加えて「東京 東京」というストレートなフレーズが繰り返し登場するCMソングも、すごくクールです。

こちらのBGMは一連のCMにおいて以前から流れていたと記憶しますが、今改めてその詳細を知りたくなってきたので、リサーチを進めました。



ドコモと東京2020の関わり方とは?

(画像引用:https://www.nttdocomo.co.jp/special_contents/beyond2020/tokyo2020/index2.html)

と、その前に。

ドコモと東京2020との関りや、「Style’20」の詳細が今一つ理解できていなかったので、そちらの方に関しても整理してみましたよ^^

調べてみると、ドコモは「東京2020大会ゴールドパートナー」の第1号として、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会とのパートナー契約を締結していたんですね!

全体的なコンセプトとしては、大会に向けて進化する選手のパフォーマンスに、第5世代通信システム「5G」への挑戦を重ね合わせ、新しい世界の創出をアピールしているようです。

このあたりの詳細は「Style’20」の特設サイトからも確認することができますよ。

トップに掲載された佐藤さんの画像がとてもカッコイイですし、CMのフルムービーなども掲載されているので、ぜひチェックしてみてください。

CMが伝えたい想いに関しても理解しやすいです^^

スポンサーリンク?

BGMはSILENT POETS feat. 5lackの「東京」

https://www.youtube.com/watch?v=pexszBRxdus

そして気になるCMソングは、SILENT POETS feat. 5lackが手掛けた作品になります。

タイトルはズバリ、「東京」

ご存知「Style’20」のCMソングとして話題を集め、「2016 56th ACC CM FESTIVAL(現ACC TOKYO CREATIVE AWARDS)」のクラフト賞サウンドデザインを受賞しました。

なおSILENT POETSは、東京在住のDJ/プロデューサーである下田 法晴(しもだ みちはる)氏のソロユニットです。

オリンピックに関わるアーティストとしてふさわしく、世界的な評価も非常に高いですね。
そして「東京」でフィーチャリングされている5lack(スラック、ゴラック)は、日本のヒップホップMC、トラックメイカーとして知られる人物です。

熱狂的な支持を集める一方で、その素顔には非常に謎も多く「孤高の天才ラッパー」などと称されることもありますね。

そんなわけで、今回のCMは佐藤さんの熱演とアスリートたちのひたむきな姿、最高の音楽がミックスされた作品であると知ることができました^^

もしかするとオリンピックの開催までに、また新たな映像も公開されるかもしれませんね。
ちなみに出演アスリートの詳細に関しても、先ほど紹介した公式サイトからのチェックが可能です。

私たちも様々な情報を仕入れ、万全な下準備を進めつつ、東京2020の開幕を楽しみに待つとしましょう!

スポンサーリンク?