YouTubeにアップされた「致命的なアプリ」という漫画が、かなり面白いと評判を呼んでいます。

動画を通じて同作を気に入り「コミックを手元に置いておきたい!」と考える方も大勢いらっしゃるようですが、致命的なアプリのコミックは普通に書店で販売されているのでしょうか?



「致命的なアプリ」の真実に驚愕!

さていきなりショッキングな告知になりますが、実を言いますと、致命的なアプリは該当のYouTubeアカウントが一から作り上げたオリジナル作品ではありません。

本来は「彩子」というタイトルで発表された全く別の漫画であり、そのタイトルだけを差し替えて無断アップロードしたものが、致命的なアプリとして公開中の動画に当たるのです!

信じがたい状況ではあるものの、漫画の内容的には完全に「彩子=致命的なアプリ」という理解で差し支えありません。

タイトルを全く別のものに変更したのは、著作権侵害をカモフラージュするためでしょう。

そういったわけで、致命的なアプリはYouTube上にて漫画の無断アップロード・転載という違法行為に手を染めていることになりますから、これ以上の視聴は推奨できないですね。

おそらく近いうちに、しかるべき対応が取られるのではないでしょうか?

一漫画ファンとしても、適切な措置を期待したいところです。

スポンサーリンク?

「彩子」のコミック情報をチェック!

このような状況ですので、致命的なアプリのコミックをゲットしたいという方は、「彩子」のコミックを買い求めればOKというわけです^^

当然ながら、致命的なアプリのコミックは存在しませんからね;

なお彩子は漫画家・本田 真吾さんによる日常侵蝕スリラーで、「SAiKO」というアプリによる死の恐怖を描いた衝撃作になります。

「月刊少年チャンピオン」紙面で連載され、現在はLINEマンガといった様々な媒体にもピックアップされていますから、一定の知名度を誇る作品なんですけどね…。

それを堂々とYouTubeにアップし、あたかも自分が生み出したコンテンツのように見せかけて広告料を得るとは、相当大胆不敵で本当に許せません!

話を戻しますと、彩子に絡んでは「彩子 白」「彩子 黒」という2冊のコミックが発売されています。

ストーリー展開的にいうと、恐怖の起源を描く始まりの物語が白で、その恐怖がどんどん蔓延していく様子をつづったのが黒という位置づけです。

ともあれ白・黒のコミックは「同時発売」されていますから、いずれかを先に読まなければ全く話が理解できないというものではありません。

先ほども少し触れたように、展開・時系列でいえば白→黒という順番ではありますが、黒から先に読んだ方が面白いという意見も上がっていますので、参考にしてみてくださいね^^

それにしても、どうやら最近「既存の漫画のタイトルだけを差し替え、独自のコンテンツのように見せかけて広告料を稼ぐ」という手法がYouTube上で散見されているようです。

金銭的な問題はもちろんのこと、作者やファンの心情を思うと、何とも言えない気持ちになりますね…。

アサシンマスク漫画コミックは売ってるの?ネタバレの見方は?
YouTubeに「アサシンマスク」という漫画がアップされ、かなり面白いと評判を呼んでいます。この文章を書いている時点で既に「150~159話」まで話が進んでおり、SNS等に...

スポンサーリンク?