新型コロナウイルスの影響が深刻化する中、テレワークを推奨する企業が増えるなど、不要不急の外出や人との接触をなるべく避けようという動きが広がっています。

しかしながら、例えば“美容院で髪を切る”といった行為は、中々代替の利くものではありません。

美容院に通う間隔を通常よりも空ける…程度の対策はあっても良い気はしますが、実際のところ、“美容院は感染のリスクが高い”といった事実は認められているのでしょうか?

施術中のマスク着用は可能なのか等も含め、詳細に迫りました。



美容院における感染リスクは高いの…?

さて政府は新型コロナウイルス感染症対策に絡み、「スポーツジムやビュッフェスタイルの会食など、換気が悪く、密集した場所や不特定多数の人が接触するおそれが高い場所では、感染を拡大させるリスクが考えられるため、このような空間に集団で集まることを避けて」との発言を行っています。

スポーツジムやビュッフェスタイルの会食は、まさに“名指し”にてリスクの高い場所と断定されたわけですが、美容院が個別具体的に注意喚起の対象になったという事実は、今のところありません。

また国内の美容院でクラスター感染が起こったというニュースも、特に見つかりませんでした。

それゆえ、極論を言えば外出や人との交流を行う以上、一定の感染リスクを負うことは避けられないのでしょうが、これは一般論としてあらゆる事象に当てはまるものであり、“美容院の感染リスクが特に高い”とは言えないものと考えます。

もちろん、百貨店のコスメカウンターが美容部員による店頭でのタッチアップを禁止しているといった事例はありますし、ガッツリ他者との“接触”が起こる美容院での施術が危険ゼロ…ということもないのでしょうが、それだけに、各店が様々な対策を講じているとの報告も上がっていますよ。

スポンサーリンク?

美容院ではどういった対策が取られている!?

まず多くの美容院が共通して行っている対策としては、「マスクを着用しての施術」「アルコール消毒液の設置」「手消毒・手洗いの徹底」「客に対するアルコールを使った手指消毒の推奨」といったものが挙げられます。

また、もともと美容院は衛生面が重視される場所ではありますが、いつも以上の対応を進めている店舗も少なくないらしく、「1時間ごとにサロンの各所を消毒」「施術ごとに器具を消毒」「拭き掃除の徹底」などが行われているそうですね。

更にはスタッフに向けて「検温義務付け」や「衛生用品の支給」、「社内勉強会などの延期」「プライベートでも人の集まるところや海外へ出向かぬよう周知」等を進めていくことで、技術者の健康が担保されるように努めている美容院もあるのだとか!

明確なルールが定められているわけではないので、その取組内容は店舗によって差が見られますが、やはりすべての人が過敏になっている状況でもありますし、ほとんどの美容院が何かしらの対策を講じているのではないでしょうか。

加えてスタッフと客の両者が相互に安心して施術に臨めるよう「施術前に相互で確認し合いながら消毒スプレーによる手の洗浄を実施」したり、予約時に客側の体調や海外渡航歴を確認することで、感染のリスクがある人については予約を2週間先にずらしてもらうなどの対応を取るケースもあるそうですね。

…と、想像以上に様々な対策が打ち出されていることがよく理解できましたが、非常に基本的な部分で、マスクをしたまま施術を進めてもらうことは可能なのでしょうか?

この点についても、多数の美容院が“客が希望すれば、マスクをつけたままで髪を切る対応を始めている”模様です。

逆にせきをしている客には、店側からマスクを付けてほしいとお願いするケースもありますね。

いずれにせよ先ほども述べたとおり、すべての美容院が足並みをそろえているわけではないですから、不安が残るようであれば、実際に足を運ぶ店舗へ事前に質問してみるのが一番かもしれません。

スポンサーリンク?