+247の電話番号は詐欺の国際電話?折り返しは危険なの?

公開日:更新日: コメントなし

ここのところ、「+247」で始まる番号からいきなり電話が掛かってきたとの報告をよく見掛けます。

馴染みのない番号ですが、相手はいったい何者なのでしょう?

入電した際の対処法も含め、情報をまとめました。



「+247」は国際電話だった!

実を申しますと、+247の電話は海外から掛かっているものになります。

国際電話には国ごとに定められた国番号があり、例えば日本の場合は「81」と表示されるのですが、+247は南大西洋に浮かぶイギリス領の火山島・アセンション島 (Ascension Island)からの入電であることを表していますね。

ほとんどの日本人にとっては、縁もゆかりもない地域でしょう。

実際、このたび大量に確認されている+247の電話は日本の番号に向けて無作為に掛けられているらしく、国際的な「ワン切り詐欺」であるといわれています。

アセンション島に知り合いがいるという方を除き、電話口の相手は悪意を持った詐欺集団とみて間違いありませんから、関りを持たないよう注意しなければなりません。

スポンサーリンク?

入電を確認した場合の対処法は?

では+247で始まる番号から電話を受けた際はどうすれば良いのか?という対処法についてお伝えしますと、とにかく「無視」してしまえばOKです。

繰り返しになりますが、どうやら相手は適当な番号に大量の電話を入れているらしく、あなたの情報だけが危険なルートで流出している・個人的にターゲットとして見込まれているといった可能性は低いので、スルーしておけばそれ以上の問題には発展しないでしょう。

ちなみに問題の電話はコール音が鳴ってもすぐに切れてしまうとのことで、いわゆる「ワン切り」形式で連絡が入るようですね。

それゆえほとんどのケースでは後になって入電に気が付くわけですが、ちょうど携帯を操作していてとっさに連絡を受けてしまったという方の報告によると、音楽をバックに英語で何か話しているのが聞こえ、訳が分からぬうちに電話は切れてしまったそうです。

なお相手側の真の目的は、電話を掛けた相手から「コールバック」を受けることにあります。

海外への連絡は通常よりもはるかに電話料金が高く、ことアセンション島との通話はわずか30秒程度でも180円前後の請求が発生しますからね!

詐欺集団は高額の料金を見込んでワン切りへ折り返しさせ、通話時間を引き延ばしながら、ターゲットの電話代がかさむのを待ちます。

通話料金の一部は日本の電話会社を通じてアセンション島の会社にも支払われますから、これが詐欺集団の懐に入るという流れでしょう。

国際電話を利用した詐欺の手口自体は特に目新しいものではなく、数年前から「とある地域から謎の電話が大量に掛かってくる」という現象は何度も起きています。

「心当たりのない国際電話からの着信にはコールバックしない」よう、各携帯電話会社も折に触れて注意喚起していますので、折り返しの電話は避けましょう!

市外局番050とはどこの地域から?詐欺電話なの?
「050」で始まる電話番号から、いきなり着信があったという話をよく聞きます。ほとんどの場合は発信元に心当たりがなく、すぐに折り返すこともためらわれ、「とりあえず...

スポンサーリンク?